中央競馬【GIII】マーチステークス

マーチステークス

マーチステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「マーチ(March)」は、3月を意味する英語。
正賞は地方競馬全国協会理事長賞。

概要

1994年に行われた中央競馬のダート重賞路線整備で、ダート適性馬の目標となる競走を設置することを目的として創設された5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走。阪神競馬場で行われた2011年を除き、中山競馬場・ダート1800mでの施行が定着している。
創設時から外国産馬が出走可能なほか、地方競馬所属馬は1997年より、外国馬は2006年よりそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • 2016年3月26日以降2017年3月20日まで1回以上出走馬(※2017年の場合)
  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(4頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2016年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。

【GIII】マーチステークス関連の話題・ニュース

  • 充実度ナンバーワン! 落札価格880万円から砂の王者へ ロンドンタウン牧:そうですね。性格が良いですね。入ってきた時も、本当に手が掛からない子という印象でしたね。最初は、新馬(6着)の1600mでハナに行って止まったので、ちょっと距離を縮めて良い位置で競馬ができるのかと思いました。でも、距離が延びても良い走りだったので、ここ最近も実際に距離が延びても、その通りになって ...
  • 【スプリンターズS】レッドファルクス&M.デムーロが豪脚くり出し連覇達成!ワンスインナムーンが先頭のまま直線に向き、枠なりに内を突いたレッツゴードンキが最初にワンスインナムーンを捉えて、一旦は抜け出したが、馬群の外に持ち出していたレッドファルクスが1頭だけ別次元の末脚をくり出してまとめて交わしさった。 勝ったレッドファルクスの近親には98年阪神3歳牝馬S(G1)など重賞5勝を挙げ ...
  • カルメンシータ姫 山田さんの案内で、古吉(フルキチ→古川吉洋J)と共に初の浦河方面へ!! (※テイエムジンソク頑張れ~♪) 荻伏三好ファームにて母になったカルメンシータにも会い、山田さんと代表の三好直樹さんには大変お世話になった♪ あれから10数年… 家族みんなで楽しみな番組! 『THEカラオケ☆バトル全国統一歌 ...
  • 【武蔵野S】インカンテーション押し切りで重賞6勝目!三浦皇成は復帰後重賞初V直線ではインカンテーションが楽な手応えのまま先頭に並びかけ、その直後の内にサンライズソア、外にアキトクレッセントが並んで猛追。各馬が逃げるベストウォーリアを交わし、後ろからもノンコノユメは届かず入線。 勝ったインカンテーションは13年レパードS(G3)で重賞初勝利、今回で重賞6勝目。この間には2度の骨折による ...
  • 【白山大賞典】1番人気インカンテーションが危なげなく重賞5勝目!前走もかしわ記念で2着、2走前にもマーチSを制しており、一時期の不振を完全に脱出。7歳という年齢ながらフレッシュな印象で、今後の飛躍が期待される。馬主は有限会社ターフ・スポート、生産者は浦河町の谷川牧場。馬名の意味由来は「呪文、呪術。父名より連想」。 インカンテーション; (牡7、栗東・羽月厩舎); 父 ...
  • 【エルムS】ロンドンタウンが日本レコードでJRA重賞初V!テイエムジンソクは2着... 栗東・矢作厩舎)が逃げ粘った。 勝ったロンドンタウンは、デビュー3戦目の京都ダート1200mで初勝利。その後も短距離を中心に使われたが、昨年8月に小倉ダート1700mの1000万下で2着すると中距離にシフトして連勝を飾った。今年は2月に交流重賞・佐賀記念(Jpn3)を制覇。3月のマーチSで4着、4月のアンタレス ...
  • 秋春連覇を狙うファルクスの仕上りは?優馬公式サイト) · [データ予想]狙うは万馬券! 難解マーチSのポイントは“枠順”(優馬公式サイト) · 結果・レース動画も速報します! ドバイワールドカップ特設サイト(優馬公式サイト) · サトノアーサーの人気は? 日本ダービー想定18頭&単勝オッズ(優馬公式サイト). 競馬専門紙「優馬」. 競馬専門紙「優 ...
  • ヨハネスブルグ産駒が絶好調! シトリカが堂々と逃げ切り勝ち …小倉新馬7月29日(土)、2回小倉1日目5Rで2歳新馬(芝1200m)が行なわれ、積極的に先手を奪い、そのまま堂々と押し切ったM.デムーロ騎手騎乗の2番人気・シトリカ(牝2、栗東・牧浦厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:10.1(良)。 2着には2馬身差で好位から終いを伸ばした1番人気・エイシンテースティ(牝2、栗東・野中厩舎 ...
  • 2歳戦絶好調のマイネル勢、マイネルサイルーンが差し切り勝ち…東京新馬勝ったマイネルサイルーンの近親には00年に障害重賞2勝を挙げたテイエムダイオーや96年マーチSで2着があるプレミアムプリンスがいる。 馬主は株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン、生産者は新ひだか町の小野秀治氏。馬名の意味由来は「冠名+虹(タイ語)」。今年の2歳戦において株式会社サラブレッドクラブ・ラフ ...
  • 関東労旗開き 美浦トレーニングセンター所属の元JRA騎手現在は美浦の伊藤圭三厩舎で調教助手。 騎手として91年に美浦・藤沢和雄厩舎からデビュー。 初騎乗した当日に、初勝利。そして新人では初の1日5勝という快挙を達成。最終的に初年度はTOTAL31勝を挙げ、関東期待の若手騎手として注目を集める。 その後も順調に勝 ...