中央競馬【GIII】福島牝馬ステークス

福島牝馬ステークス

福島牝馬ステークス(ふくしまひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が福島競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
正賞は福島県知事賞。

概要

2004年に行われた牝馬競走体系の整備により、牝馬の出走機会を広げ牝馬路線の充実を図ることを目的として新設された4歳以上の牝馬による重賞競走。東日本大震災の影響で新潟競馬場に移された2011年を除き、福島競馬場の芝1800mで行われている。
2006年にヴィクトリアマイルが創設されると、本競走はヴィクトリアマイルの前哨戦として位置づけられるようになり、2014年からは本競走の1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられるようになった。
創設時から外国産馬が出走可能なほか、地方競馬所属馬は2006年から、外国馬は2007年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(2016年から変更)

  • 日本馬:54kg,収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円毎1kg増
  • 外国馬:54kg、GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

ヴィクトリアマイルのステップ競走に指定され、地方競馬所属馬はヴィクトリアマイルの出走候補馬が3頭まで出走可能。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めるとヴィクトリアマイルに優先出走できる。

賞金

2016年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。

【GIII】福島牝馬ステークス関連の話題・ニュース