中央競馬【GIII】新潟大賞典

新潟大賞典

新潟大賞典(にいがただいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
正賞は新潟県知事賞。

概要

1967年から1977年まで、福島競馬場で「福島大賞典」が行われていたが、1978年に福島競馬場の馬場改修工事が行われた際、新潟競馬場で「新潟ステークス(第12回福島大賞典)」として行われたのを機に廃止され、1979年に5歳(現4歳)以上の馬による重賞として創設された。
創設時の施行距離は芝2000m(右回り)で、1984年から芝2200m(右回り)に変更。1996年から再び芝2000m(右回り)に戻された後、2002年から芝外回り2000m(左回り)に変更され現在に至る。
2005年から国際競走となり、外国馬が出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2016年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】新潟大賞典関連の話題・ニュース