中央競馬【GIII】函館記念

函館記念

函館記念(はこだてきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 函館記念」と表記している。
正賞は農林水産大臣賞、函館市長賞。

概要

函館競馬場で行われる重賞競走では、最も歴史が長い。
1965年に4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走として創設され、函館競馬場の芝2400mで施行されたのが始まり。1968年からは距離が芝2000mに変更され、現在に至っている。2006年より、夏季競馬を盛り上げるため設けられたサマー2000シリーズの第2戦に指定されている。
外国産馬は1978年から、地方競馬所属馬は1996年と1998年以降出走可能になり、2009年からは国際競走となり、外国馬も出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • 2016年7月16日以降2017年7月9日まで1回以上出走馬(未出走馬および未勝利馬を除く)
  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2017年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】函館記念関連の話題・ニュース

  • 【シンザン記念(G3)展望】3歳馬にとっての大事な出世レース!?歴代の名馬たちに肩を並べるのはどの馬か?3連休の最終日となる8日の京都競馬場では、メインレースにシンザン記念(G3)が開催される。経験の浅い3歳馬による重賞だけあって昨年も人気馬が負けており、波乱が巻き起こりやすい傾向となっている。今年はどのような結果となるだろうか。出走を予定している有力馬を紹介する。 メンバー内で唯一の重賞ウィナーのカシ ...
  • 藤沢和&ルメールの2歳王者サトノアレス今週は函館でサマー2000シリーズの第2戦となる函館記念が行われる。1番人気が目下10連敗中であるばかりでなく、最近6年は全く馬券にすら絡んでいないという、波乱度満点のハンデ戦を、優馬ローカルスタッフが徹底討論! 受難の1番人気馬サトノアレスに 昨年好走組の包囲網. メンバー唯一のGI馬サトノアレ ...
  • シンザン記念2018の競馬予想分析…カシアス、入り交じる2つの期待と不安とは?2018年1月8日、京都競馬場でシンザン記念(G3/芝 1600m)が行われる。GI馬に留まらず三冠馬を出していることでも有名なこのレース。朝日杯FSから臨戦する馬に注目が集まるが、500万下や新馬・未勝利勝ちから臨む者も少なくない。今年も予想が楽しいレースの1つになるのではないか。 カシアスの適距離は1200 ...