中央競馬【GIII】クイーンステークス

クイーンステークス

クイーンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競馬番組表での名称は「北海道新聞杯 クイーンステークス」と表記している。寄贈賞を提供する北海道新聞社は、札幌市に本社を置く新聞社。
正賞は北海道新聞社賞。

概要

1953年に4歳(現3歳)牝馬による重賞競走として創設されたのが始まり。その後施行場は東京競馬場と中山競馬場の間で幾度も変更されたのち、1980年から1999年は新潟競馬場で施行された1988年を除き、中山での施行が定着していた。この間、1995年はエリザベス女王杯の優先出走権を得られるトライアル競走として行われ、指定交流競走として地方所属馬も出走が可能になった。1996年に秋華賞が新設された際、施行距離を芝1800mに変更し秋華賞のトライアル競走となった。
2000年に牝馬競走体系整備の一環として、施行場を札幌競馬場に変更するとともに4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となり、レースの位置づけや性格はこれ以降大きく変わることとなった。2009年から国際競走となり、外国馬も出走可能になった。
なお、中山競馬場で施行していた1995年から1999年の間は時事通信社が寄贈賞を提供し、名称も「時事通信杯 クイーンステークス」と表記していた。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(7頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳52kg(開催日が8月1日以前の場合は51kg)、4歳以上55kg)

  • 日本馬:収得賞金が3000万円を超過した馬は超過額2000万円毎に1kg増
  • 外国馬:GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。

【GIII】クイーンステークス関連の話題・ニュース

  • ホープフルステークス「カス丸の競馬GⅠ大予想」 2018年のクラシックホースを探せ!応援したいんだけど...... 私は、本命◎がサンリヴァル。対抗○はタイムフライヤーよ。サンリヴァルは前走の芙蓉ステークス(オープン、中山・芝2000メートル)で距離を経験している分、有利と判断したわ。タイムフライヤーも前走の京都2歳ステークス(GIII)で2000メートルを経験。ジャンダルムは△ね。 ガジュマル爺 そうじ ...
  • 「最強」3歳牝馬世代のアエロリットがクイーンS(G3)に見参! 斤量有利も脳裏に浮かぶ横山典弘騎手の「伝統芸」2017年のクラシック戦線で牡馬以上の盛り上がりを見せた3歳牝馬世代。阪神JF&オークスを制した女王ソウルスターリングはすでに秋華賞ではなく毎日王冠→天皇賞・秋という古馬王道ローテへの挑戦を発表しており、世代を越えた最強馬たちの激突が今から待ち遠しい。 秋以降の趨勢を占う上でぜひとも注目したい ...
  • クイーンS快勝のアエロリットはトライアルを使わずに直接秋華賞へ!○7月30日のクイーンSで鮮やかな逃げ切り勝ちを決めたアエロリット(牝3、美浦・菊沢厩舎)はトライアルを使わず、直接10月15日に京都競馬場で行われる秋華賞(G1)で3連勝、そして2つ目のG1制覇を狙う。現在は札幌競馬場に滞在しており、3日(木)にノーザンファーム空港へ放牧に出される。 ○7月29日の小倉サマ ...
  • 充実期迎えるマキシマムドパリ 強豪相手に勢い見せる一戦吉:そうですね。イメージ的には、また前走みたいな感じの競馬になるのかなと。 -:芦毛で見た目だけでも十分目立つ存在。普段のキャラクターはどんなタイプですか? 吉:気が良くて、こっちで滞在していたら大人しくなるのかと思ったら、調教の時でもけっこう気持ちを前面に押し出しているというか。向こうの時はオットリして ...
  • クイーンステークス(2017)予想/過去10年のデータ・傾向北海道シリーズももう中盤戦!函館が終わり、いよいよ今週からは札幌競馬が開催されます。札幌の最初の重賞は牝馬限定の1800mG3、クイーンSが開催されます。 一昨年の2015年は単勝オッズ32.5倍(7番人気)のメイショウスザンナが優勝し、去年2016年は単勝オッズ20.2倍(9番人気)のマコトブリジャールが優勝 ...