中央競馬【GIII】関屋記念

関屋記念

関屋記念(せきやきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「関屋」は、旧新潟競馬場の所在地(新潟県新潟市関屋字青山下百問割)に由来している。
正賞は新潟県知事賞。

概要

1966年に4歳(2001年以降の馬齢表記法では3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として創設。新潟競馬場で施行される重賞競走では、新潟記念についで古い歴史を持つ。2012年からはサマーマイルシリーズの第2戦に指定されている。
施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1970年から右回り芝1800m(内回り)に、1975年から右回り芝1600m(外回り)に変更された。その後、2001年のコース改修で右回りから左回りに変更されたため、以降は左回り芝1600m(外回り)となり現在に至っている。
負担重量も1973年は別定で施行したが、翌年(1974年)から1982年までは再びハンデキャップに変更。1983年以降は再び別定重量となっている。外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年から出走可能になったほか、2005年からは外国馬の出走も可能になった。
サマーマイルシリーズに指定されてからの優勝馬では、2014年のクラレント、2015年のレッドアリオンがシリーズチャンピオンになった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳(旧4歳)以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで)

負担重量:3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減

  • 日本馬:収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円毎に1kg増
  • 外国馬:GI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬1kg増(ただし2歳時の成績を除く)

賞金

2015年の1着賞金は3900万円で、以下2着1600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円。

【GIII】関屋記念関連の話題・ニュース