中央競馬【GIII】エルムステークス

エルムステークス

エルムステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「エルム」はニレ科ニレ属の植物の総称で、日本では特に北日本に多く、街路樹などとして用いられているハルニレを英名から「エルム」と呼んでいる。
正賞は札幌馬主協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞。

概要

1996年に、ダート路線整備の一環として創設された重賞競走。当初の名称は「シーサイドステークス」だったが、1997年より施行場が函館競馬場から札幌競馬場に変更された際、名称も「エルムステークス」に変更して現在に至る。
2009年より国際競走に指定され、外国馬の出走も可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(3頭まで)
  • 外国調教馬(7頭まで、優先出走)
  • 未出走馬および未勝利馬は出走できない。

負担重量:別定(3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年8月13日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年8月12日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。

【GIII】エルムステークス関連の話題・ニュース