中央競馬【GIII】エルムステークス

エルムステークス

エルムステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「エルム」はニレ科ニレ属の植物の総称で、日本では特に北日本に多く、街路樹などとして用いられているハルニレを英名から「エルム」と呼んでいる。
正賞は札幌馬主協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞。

概要

1996年に、ダート路線整備の一環として創設された重賞競走。当初の名称は「シーサイドステークス」だったが、1997年より施行場が函館競馬場から札幌競馬場に変更された際、名称も「エルムステークス」に変更して現在に至る。
2009年より国際競走に指定され、外国馬の出走も可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(3頭まで)
  • 外国調教馬(7頭まで、優先出走)
  • 未出走馬および未勝利馬は出走できない。

負担重量:別定(3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年8月13日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年8月12日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2017年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。

【GIII】エルムステークス関連の話題・ニュース

  • 【フェブラリーS】軽い馬場で反撃ロンドンタウン 地力あるニシケンモノノフ... ○前走、東京大賞典5着のロンドンタウン(牡5、栗東・牧田厩舎)は、助手を背にCWコースで終い一杯に追われ、6F80.5-65.0-51.0-37.8-12.1秒をマークした。 【牧田和弥調教師のコメント】 「今週は相手を先行させて、最後までしっかりと負荷をかけて追い切りました。いい動きでした。予定どおりにこれましたね ...
  • 【フェブラリーS】テイエムジンソクは5枠10番、王者ゴールドドリーム7枠14番!初のマイル、初の芝スタートと課題は多いが、昨年夏のエルムSでは好時計で走破するなど、スピードに不安はない。 迎え撃つのは7枠14番に入った現王者・ゴールドドリーム(牡5、栗東・平田厩舎)。昨年のこのレースを制した後はドバイ、大井、盛岡と転戦。結果は出なかったものの、前走のチャンピオンズカップでテイ ...
  • 【エルムS】リッカルドと連覇を狙う黛が意気込み語るデビュー12年目の黛弘人騎手(31)=美浦・フリー=が、リッカルドでエルムS・G3(13日、札幌)の連覇に挑む。今年は3勝と勝ち星が伸びないが、この馬に対する思いや、自らの騎手人生などを語った。 最後の一頭の調教を終えてスタンドへ戻ると、時計は朝の9時を回っていた。閑散とした札幌競馬場。「遅くなってすみま ...
  • エルムステークス(2017)の過去データから傾向を分析!今週の札幌競馬の日曜メインはダート1700mで行われる「エルムステークス」です。古馬混合のダート戦ですが、1700mという特殊な距離に加え、「エルム」というレース名もニレ科ニレ属の植物で街路樹などとして用いられているハルニレの英名から来ており、何とも不思議な変わったレースという印象があります。 それ ...
  • 【エルムS】クリノスターオー、“ゆとり調整”で昨年2着の雪辱だ今回は栗東で仕上げて、しかもあまり厳しく攻めずに臨みます。いつも攻めすぎて、苦しがっていた部分があるかと」と鵜木助手は明かした。 この中間、栗東の坂路で速い追い切りは3本だけで、最速が3日の52秒7。自己ベストが50秒7だけに、いかにソフトな調整かが分かる。「角馬場や坂路で、量は乗っているから ...
  • エルムステークス2017の予想!先行力のある馬を中心に勝負同じ逃げ・先行馬を見てみますと、モンドクラッセやタマモホルンあがりがおりますが、モンドクラッセはコーナーで引き上げていくタイプで、前半の主導権争いが激しくなると厳しいでしょうし、タマモホルンは強引に行っても失速しそうですし、やはり前で競馬をする馬の中ではテイエムジンソクの信頼度が一番高そうです。 ただ、モン ...