中央競馬【GIII】新潟2歳ステークス

新潟2歳ステークス

新潟2歳ステークス(にいがたにさいステークス、英称:Niigata Nisai Stakes)とは、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。

概要

1968年に新潟競馬場の3歳(現2歳)馬によるオープン競走・新潟3歳ステークスの名称で創設されたのが始まり。
1984年にグレード制によりGIIIに格付け。1994年より混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能になり、翌1995年からは特別指定交流競走となり地方馬にも門戸が開かれた。2002年より現在の芝外回り1600m・左回りコースで施行され、2010年より国際競走に指定され外国調教馬も出走可能になったため、国際基準の格付けを使用している。
2歳世代で最初に行われるマイル以上の距離で施行される重賞競走で、本競走においては例年関西馬の参戦も目立っている。特に距離が1600mになってからは、翌年のクラシック戦線を占う意味合いがより強くなった。
本競走が重賞格付けされた第1回(1981年)優勝馬のビクトリアクラウンが後にエリザベス女王杯を制した。また本競走出走馬から後のGI5勝馬メジロドーベル(1996年5着、但しこの時は中山競馬場開催)も輩出した。
2004年は1着から6着まで入線した馬が後にオープン入りを果たし、重賞を勝利した。1着マイネルレコルト、2着ショウナンパントルはGIを勝利、3着スムースバリトンと4着フェリシアも後に重賞を勝利している。また5着のアイルラヴァゲインはNHKマイルカップで3着に入った後に重賞を勝利している。6着だったインティライミも後に重賞を勝利し東京優駿2着がある。
2013年は優勝馬のハープスターが後に桜花賞を、2着のイスラボニータが後に皐月賞を勝っている。
なお、2011年までは同日に2歳馬限定の重賞競走である小倉2歳ステークスを施行していたが、2012年より同日での施行を避けるため、本競走を1週早めて施行することとなった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 函館2歳ステークス・中京2歳ステークス(オープン特別)・ダリア賞(オープン特別)で2着以内の条件を満たした地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで)

負担重量:馬齢重量(54kg)

  • ただし南半球生まれの競走馬は3kgを減量。

賞金

2017年の1着賞金は3100万円で、以下2着1200万円、3着780万円、4着590万円、5着390万円。

【GIII】新潟2歳ステークス関連の話題・ニュース

  • ホープフルS2017の競馬予想データ分析…2つの注目点から浮上する激走馬とは?2017年12月28日、中山競馬場でホープフルステークス(GI/芝2000m)が行われる。ルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤー、フラットレー、サンリヴァル、ナスノシンフォニー、シャルルマーニュらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 牡馬クラシック第1弾皐月賞と同距離同コース ...
  • (12)ホープフルS 兄に続け!ルーカス2歳の次世代スターを決めるホープフルSが、今年からG1に格上げだ。昨年勝ったレイデオロはその後、ダービー(東京2400メートル)を勝ち、ジャパンカップ(同)でもキタサンブラックに先着して2着と活躍している。「G1になったことで、さらに強い馬が集まる。来年のクラシックレースの参考になるから、見逃せないな」と松沢記者は気 ...
  • 新潟2歳S(G3)などWASJ絡みの騎手事情も加味して推察!野:バブリーバローズ(牡2、栗東・池江寿厩舎)は池江厩舎の馬で浜中騎手。バローズはクリスバローズ(引退)以来、久々に池江厩舎に預託します。池江厩舎も去年から小倉でもバンバン馬を下すようになったので当然有力でしょう。池江調教師は浜中騎手を買っていますしね。 Y:確かに、リーディング上位や外国人騎 ...
  • 新潟2歳Sは初コンビのグランデウィークと参戦 終いを活かすイメージで乗りたいですねケガで1週間の休養をいただきましたが、先週から新潟で復帰。残念ながら勝鞍を挙げられませんでしたが、今週こそは、と力の入るところです。 中でも、新潟2歳ステークス(G3)のグランデウィークが必然的に力の入るところですね。追い切りに乗せていただいた感触では、1度使ったことで馬がかなり前向きになっている印 ...
  • ホープフルS2017の競馬予想分析…サンリヴァル、好走への3つの条件牡馬クラシック第1弾皐月賞と同距離同コースで行われるホープフルステークスは今年からGⅠに昇格し、クラシックを占う上でもより重要な一戦に位置づけられることになった。 元々2013年まで阪神競馬場で年末に行われていたラジオNIKKEI杯が中山競馬場へ場所を移すとともに、これまで有馬記念当日に行われることが ...
  • 【ファンタジーS展望】新潟2歳S2着馬コーディエライトが中心第22回ファンタジーS・G3が11月3日、京都競馬場の芝1400メートルを舞台に行われる。 コーディエライト(牝2歳、栗東・佐々木晶三厩舎)は、逃げた新潟2歳Sで、最後はフロンティアに3/4馬身かわされたが、2着に粘った。スピードを生かせる1400メートルは問題なく、V有力。 快進撃が続くロードカナロア産駒のアルモニカ ...
  • 【新潟2歳S】シンデレラメイク 最終追いに合格点「ここでどれだけの脚を使えるか」23日、新潟2歳S(G3)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。 ○新馬戦で5馬身差圧勝のシンデレラメイク(牝2、栗東・鮫島厩舎)はレースでも手綱を執る中谷雄太騎手が追い切りにも騎乗。CWコースを半マイルでいっぱいに追われると、4F50.9-37.4-12.5秒をマーク。3頭併せの外の馬(アイファープリティ)に同入した ...
  • 【関屋記念】ロードクエストは新潟2歳S圧勝の舞台歓迎「直線に坂のないコース向き」週末も強めにやれたので、今週はそれほどやらなくてもいいかと思っていました。先週負荷をかけた分少し硬さはありましたが、ギャロップに関しては柔らかさがあったのでホッとしました。乗った感じでは以前と比べてそれほど変わりは感じませんが、見た目には体が大きくなって膨らんでいます。輸送と今週の暑さで若干 ...
  • ドリームパスポートの弟フロンティアは岩田騎手とのコンビで新潟2歳Sへ!ドリームパスポートの弟フロンティアは岩田騎手とのコンビで新潟2歳Sへ! 2017/8/17(木) 12:20. 岩田騎手を背に軽快な走りを見せたフロンティア(青帽). ○7月1日の新馬戦(中京芝1600m)を逃げ切ったフロンティア(牡2、栗東・中内田厩舎)は、岩田康誠騎手とのコンビで27日の新潟2歳S(G3、新潟芝1600m)へ向かう ...