中央競馬【GIII】小倉2歳ステークス

小倉2歳ステークス

小倉2歳ステークス(こくらにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。

概要

1981年に創設された、3歳(現2歳)馬による重賞競走。1984年より、グレード制施行によりGIIIに格付けされた。小倉競馬の2歳チャンピオン決定戦に位置付けられているほか、夏季小倉開催の最終週を飾る競走でもある。
1995年から外国産馬が、1996年から地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2010年より外国馬も出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(中京2歳ステークス・フェニックス賞の2着以内馬のみ)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢重量(54Kg)

賞金

2017年の1着賞金は3100万円で、以下2着1200万円、3着780万円、4着470万円、5着310万円。

【GIII】小倉2歳ステークス関連の話題・ニュース