中央競馬【GIII】紫苑ステークス

紫苑ステークス

紫苑ステークス(しおんステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「紫苑」は日本・朝鮮・中国・シベリアなどに分布するキク科の多年草。秋には茎頂が分枝し、淡紫色の頭花をつける。花言葉は「思い出」「追憶」。

概要

4歳(現3歳)牝馬によるオープン特別の秋華賞トライアルとして、2000年に創設、その後2016年より重賞(GIII)に格上げされた。これにより、従前、2着以内の馬に与えられていた秋華賞の優先出走権が、3着以内の馬までに拡大されている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬(3頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで)

負担重量:馬齢(54kg)

賞金

2017年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円。

【GIII】紫苑ステークス関連の話題・ニュース