中央競馬【GIII】富士ステークス

富士ステークス

富士ステークス(ふじステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「富士」は富士山に由来。東京競馬場のスタンドからは晴れた日に富士山が見えることがあり、2007年に完成した新スタンドも「フジビュースタンド」と名付けられている。

概要

1981年にジャパンカップが創設された際、同競走に出走する招待馬とその帯同馬、および代表候補の地方競馬所属馬が出走できる国際招待競走として、11月上旬に4歳(現3歳)以上の馬による芝1800mのオープン競走が東京競馬場で設けられた。このオープン競走に1984年より「富士ステークス」と競走名がつけられ、これが本競走の前身とされている。
その後1997年より距離を芝1400mに短縮し、馬や関係者の諸費用をJRAが負担しない国際競走に改めたうえ施行時期も11月下旬に移され、スプリンターズステークスの前哨戦として位置づけられた。1998年には重賞(GIII)に格付けされた。
2000年にスプリンターズステークスの施行時期が初秋の中山開催に移されると、本競走は距離を芝1600mに変更のうえ施行時期も10月に繰り上げ、マイルチャンピオンシップの前哨戦に位置づけられた。2014年からは本競走の1着馬に、マイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられている。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2015年10月24日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2015年10月23日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

マイルチャンピオンシップのステップ競走に指定され、地方競馬所属馬はマイルチャンピオンシップの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めると、マイルチャンピオンシップに優先出走できる。

賞金

2016年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。

【GIII】富士ステークス関連の話題・ニュース

  • 富士Sは今年もあの産駒と騎手に注目だ今週は土曜に東京競馬場でマイル重賞の富士S、日曜に京都競馬場で牡馬三冠の最終戦の菊花賞と2鞍の重賞が行われる。今回のデータde出〜たでは、約1か月後のマイルCSの前哨戦としても注目の富士Sをピックアップ。2012年以降の近5年のデータから好走馬の特徴を探り、馬券作戦に生かしていきたい。なお ...
  • 【富士S】昨年2着の雪辱へ イスラボニータ「この追い切りが来週に繋がる」毎週順調に調教をやってきていますし、1週前追い切りでは少し負荷をかけました。稽古でも動くディバインコードを前に置いて、ステッキを2、3発入れましたからね。この追い切りが来週に繋がっていくのではないかと思っています」. ○サトノアレス(牡3、美浦・藤沢和厩舎)・前走=函館記念6着 杉原誠人騎手を背に南 ...
  • 【富士S】きっかけ掴みたいロードクエスト、ダイワリベラルの最終追い切り... ○前走、関屋記念で6着だったロードクエスト(牡4、美浦・小島茂厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、4F55.4-40.9-12.8秒をマークした。 【小島茂之調教師のコメント】 「水曜日の追い切りは道中の走りのバランスが良くなかったので、ひと呼吸待ってから追い出しました。ラストの伸びは良かったで ...
  • 【京都金杯予想2018】調教抜群のクルーガー、叩き3走目で絶好調か2018年の中央競馬の開幕とともに行われる中山・京都の金杯レース。出走時間は中山の方が早いので京都金杯は2杯目の乾杯ということになります。その音頭取りの有力候補として注目しているのは、叩き3走目のクルーガーです。 秋初戦は半年の休み明けで富士ステークスに出走し3着。2走目はマイルチャンピオ ...
  • 得意のテン乗りで快勝!富士ステークスを振り返る... 「調教で乗らずに、実戦で初めて騎乗することが好き」と公言するように、JRA重賞14勝中8勝がテン乗りでのものという戸崎圭太騎手。ステファノス自体は栗東での追い切りを経てのレースでの騎乗だったが、見事、騎乗依頼に応えるV。自負通りの結果となった。 富士ステークスは師も納得の騎乗. 戸崎圭太 ...
  • グランシルクは富士Sに目標を変更!ラストインパクトはジャパンCへ... ○京成杯AH(G3)で重賞初制覇を飾り、10月28日のスワンS(G2)に向けて調整されていたグランシルク(牡5、美浦・戸田厩舎)は、10月21日の富士S(G3)に目標を変更した。引き続き田辺裕信騎手が手綱を取る。12日は南ウッドコースでスモークフリー(古馬1600万)を0.4秒追走し、直線強めに追われて同入した ...