中央競馬【GIII】アルテミスステークス

アルテミスステークス

アルテミスステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「アルテミス(Artemis)」は、ギリシャ神話に登場する狩猟と純潔の女神。古代ギリシャでは、豊穣や多産の神として信仰されてきた。

概要

関東地区における阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として、2012年に新設された2歳牝馬による重賞競走。2013年までは格付取得に必要な2年間の競走実績を満たしていなかったため、格付表記は初年度が「新設重賞」、2013年は「重賞」と表記。2014年に日本グレード格付け管理委員会の承認を受け、GIIIに格付けされた。
創設当初より地方競馬所属馬・外国馬がともに出走可能となっている。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳牝馬

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)
  • 未出走馬・未勝利馬を除く

負担重量:馬齢(54kg)

阪神ジュベナイルフィリーズのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は阪神ジュベナイルフィリーズの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には阪神ジュベナイルフィリーズの優先出走権が与えられる。

賞金

2015年の1着賞金は2900万円で、以下2着1200万円、3着730万円、4着440万円、5着290万円。

【GIII】アルテミスステークス関連の話題・ニュース