中央競馬【GIII】武蔵野ステークス

武蔵野ステークス

武蔵野ステークス(むさしのステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークス」と表記される。
競走名の「武蔵野」は東京都と埼玉県にまたがる洪積台地で、南は多摩川から北は川越市付近まで広がっている。また、東京都中部にある武蔵野市は、吉祥寺を中心に商業・住宅地として発展している。
「東京中日スポーツ」は、中日新聞東京本社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞は中日新聞社賞、地方競馬全国協会理事長賞。

概要

1996年に新設された、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走。2014年より、本競走の1着馬にチャンピオンズカップの優先出走権が付与されている。
創設時は5月に東京競馬場のダート2100mで行われていたが、ダート競走体系の整備が進められた2000年にジャパンカップダート(2014年より「チャンピオンズカップ」に改称)が新設されると、本競走はダート1600mに短縮のうえ施行時期も秋の東京開催に変更され、ジャパンカップダートの前哨戦に位置づけられた。
創設時より外国産馬が出走可能なほか、地方競馬所属馬は1997年から、外国馬は2000年からそれぞれ出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬(4頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2014年11月15日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2014年11月14日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2015年の1着賞金は3700万円で、以下2着1500万円、3着930万円、4着560万円、5着370万円。

【GIII】武蔵野ステークス関連の話題・ニュース

  • フェブラリーS 「カス丸の競馬GⅠ大予想」 ゴールドドリームは連覇できるかカス丸 ハーイ、ぼく、カス丸きゃすぅ。久しぶりだじぇい。今年の冬はほんとに寒いきゃすぅ。ぼくらイヌ族は寒さに強いけど、さすがに身にしみるじぇい。でも春が近づいてきたよ。今年初めてのGI、フェブラリーステークス(2018年2月18日、東京競馬場、ダート1600メートル)だじぇい。今年こそ、GIぜ~んぶ当てるじぇい! ガジュマル ...
  • JRA三浦皇成中央G1初制覇を予言!? 競馬女王桃井はるこが年明け一発目G1を占うただ、主戦の古川吉洋騎手、同馬ともに東京競馬場ダート1600mでの勝利経験はない点が気になりますね......。 その対抗が、R.ムーア騎手が騎乗するゴールドドリームといわれています。負けるときはあっさりと負ける馬なんですが、それは地方競馬場限定。中央では確実に結果を残しています。一昨年前に ...
  • C.ルメールでベストウォーリア「2着王」復活か......不気味な陣営の「楽観視」一昨年前から昨年にかけて、G1競走3連続2着を含む重賞5連続2着を記録していたベストウォーリア。常に高いパフォーマンスを発揮し、安定した競馬を見せてはいたものの、一昨年のマイルCS南部杯以来勝利がない。さらに昨年後半からは南部杯で6着、武蔵野S(G3)でも7着と、かつての善戦マンの面影すらも失いつ ...
  • JRAダート「善戦ホープ」サンライズノヴァ絶好枠で勝機? 自信満々「陣営の本音」はだが末脚は不発に終わり、6着と不甲斐ない結果に終わってしまう。以後もOP戦では好走するものの、1番人気に支持された武蔵野S(G3)で12着と惨敗するなど、重賞ではその実力を発揮できない馬として見られることもあった。 だが今年は始動戦となる根岸S(G3)でノンコノユメとタイム差なしの2着。今年こそ、大舞台で大輪 ...
  • JRA三浦皇成騎手の「大胆騎乗」に称賛の嵐! 伏兵インカンテーションで惜しい3着も、悲願のG1獲りへ見えた「課題」18日に東京競馬場で行われた第35回フェブラリーS(G1)は、4番人気のノンコノユメが約2年7カ月ぶりのG1勝利。昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリームをクビ差退けての優勝となった。 その一方で、2着ゴールドドリームに遅れることクビ差、勝ち馬とは0.1秒差の3着に食い込んだのが、8歳馬のインカンテーションと三浦 ...
  • テイエムジンソクと挑む21年ぶりGI制覇東京マイル戦のフェブラリーS、イメージしているのは伝説となった武蔵野Sのクロフネだ【写真:高橋由二】. 再び迎えるGI舞台。距離が1ハロン短縮され、芝スタートのワンターンと条件は変わるが、パートナーへの信頼は揺るがない。 「この馬、スタートがいいからいい位置で競馬ができるし、早めに行っても辛抱できる。マイルに ...
  • 【フェブラリーS】伸び盛りの4歳馬サンライズノヴァ今年に入っても攻勢が続く4歳勢。伸び盛りの◎サンライズノヴァは、ここにきて心身ともに充実してきた印象だ。 3走前の武蔵野Sでは落ち着いたペースにコントロールが利かず、力んで⑫着惨敗。しかし、前々走の師走Sでは、千八で5F62秒3の緩い流れでも何と… この記事は会員限定です。DIGITALに会員 ...
  • 【東京新聞杯】1番人気10連敗中…ならグイグイ上昇ディバインコードの出番だ!... 【東京新聞杯(日曜=4日)得ダネ情報】GIII「東京新聞杯」の舞台は“フェア”で知られる東京芝1600メートルなのだが、1番人気は目下10連敗中…。2008年の254万3450円を筆頭に、過去10年で3連単10万円超えが4回と、桁違いに波乱傾向の強い重賞だ。時期的に調整が難しく、かつ馬場が悪化しやすい ...
  • 【フェブラリーS】馬場状態から浮上するのはこの馬だクラス平均よりも少し時計を要していた。今開催の後半はまとまった降雨がなく、例年に比べて重めの砂質で安定している印象。これを踏まえて考えると、平均ペースが予想される今年のVタイムは、1分35秒台後半~36秒台前半が有力か。 高速馬場にならないならインカンテーションが面白い。コパノリッキーが連覇を飾った ...
  • 【日曜東京11R・根岸S】ノンコノユメ頭勝負2018年1月27日; >> バックナンバー. 内田を背に軽快(C). 大外ノンコノユメに妙味あり。 3歳時はユニコーンS、武蔵野Sと東京千六で2つの重賞勝ちを演じた。4歳時にはフェブラリーSで②着。いずれもメンバー中、最速の末脚を繰り出している。 今回はデビュー以来初めての千四。しか… この記事は会員限定 ...