中央競馬【GIII】東京スポーツ杯2歳ステークス

東京スポーツ杯2歳ステークス

東京スポーツ杯2歳ステークス(とうきょうスポーツはいにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
寄贈賞を提供する東京スポーツは、東京都江東区に本社を置く新聞社。
正賞は東京スポーツ杯。

概要

1966年にオープン特別「東京3歳ステークス(とうきょうさんさいステークス)」の名称で創設された、3歳(現2歳)馬による競走。1968年より名称が「府中3歳ステークス」に改められ、以来3歳オープンの特別競走として長らく施行してきたが、1996年に3歳重賞競走整備の一環として重賞(GIII)に格上げ、「朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯フューチュリティステークス)」の前哨戦として位置づけられた。あわせて指定交流競走にも指定され、地方競馬所属馬は2頭まで出走可能となった。
1997年より名称を「東京スポーツ杯3歳ステークス」に改め、2001年から馬齢表記を国際基準へ変更したのに伴い、現名称となった。創設時の施行距離は芝1400mだったが、1984年より芝1800mに改められ、現在に至る。
格付表記は2007年に日本がパートI国へ昇格した際「JpnIII」へ変更。2010年には外国馬も出走可能な国際競走に指定され、国際格付の「GIII」に改められた。
本競走の上位馬が翌年(3歳時)のクラシックでも活躍することがあるなど、大レースへの登竜門としても注目を集める競走である。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡馬・セン馬55kg、牝馬54kg)

ホープフルステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬はホープフルステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬にはホープフルステークスの優先出走権が与えられる。
なお、2016年までは朝日杯フューチュリティステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は朝日杯フューチュリティステークスの出走候補馬(2頭まで)に優先出走が認められていた。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には朝日杯フューチュリティステークスの優先出走権が与えられていた。

賞金

2015年の1着賞金は3200万円で、以下2着1300万円、3着800万円、4着480万円、5着320万円。

【GIII】東京スポーツ杯2歳ステークス関連の話題・ニュース

  • 【東スポ杯2歳S】大物感十分ルーカス「東京コースの方がより力を出せる」... 状況であの競馬が出来たことは評価できると思います。まだ本当に良くなるのは先だと思いますが、良いところに筋肉が付いてきた感じがしますし良い成長をしている過程だと思います。木曜日の1週前追い切りは、6ハロンの長めから全体時計もしっかり出しました。半マイル辺りからペースアップをして、併せた古馬よりも ...
  • 【東スポ杯2歳S】モーリスの全弟・ルーカス3馬身差の2着「勝ち馬が強かった」【東スポ杯2歳S】モーリスの全弟・ルーカス3馬身差の2着「勝ち馬が強かった」. 2017/11/18(土) 17:00. ルーカス. ○11月18日(土) 5回東京5日目11R 第22回 東京スポーツ杯2歳S(G3). 2着 ルーカス(R.ムーア騎手) 「まだ2歳で肉体的にも出来上がっていませんが、良い馬です。良いレースができまし ...
  • ワグネリアンの勝因、ルーカスの敗因は?東スポ杯2歳S2017回顧父スクリーンヒーローもクラシック不出走、4歳秋のアルゼンチン共和国杯でブレイク、そのままジャパンカップを制した遅咲きで、全兄モーリスもクラシック不出走で4歳春の安田記念が重賞初制覇であり、完成されるのが遅いいわゆる晩成型が多く、ルーカスもその可能性が高い。 ワグネリアンは東京スポーツ杯を優勝したことで ...
  • 東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想分析…ルーカスは名馬への道を歩めるか2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ/芝1800m)が行われる。 来年のクラシックあるいは来月の朝日杯フューチュリティステークスや新設GⅠホープフルステークスを見据えての登竜門として非常に重要なステップレースと言える。 出走頭数は少々寂しい頭数となってしまったが、ここでは ...
  • 東スポ杯2歳S2017の予想分析…ワグネリアン、制覇への3つの期待と2つの不安前走、9月16日に阪神競馬場芝1600メートルで行われた、2歳限定オープン特別の野路菊ステークスでワグネリアンは2着のディロスに2馬身2分の1、0.4秒差の圧勝をした。 雨・重馬場の悪条件下ではあったものの中段やや後方から進んだワグネリアンは鞍上の福永騎手も自信の騎乗ぶりで、3コーナー過ぎから ...
  • 東スポ杯2歳S2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(東スポ杯2歳S│GIII/芝1800m)が行われる。 ワグネリアン、ルーカス、シャルルマーニュ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残して ...
  • モーリスの全弟・ルーカスはムーア騎手で東スポ杯2歳Sへ○G1を6勝したモーリスの全弟で、8月20日に札幌の新馬戦を快勝したルーカス(牡2、美浦・堀厩舎)は、11月18日(土)の東京スポーツ杯2歳S(G3、東京芝1800m)にライアン・ムーア騎手とのコンビで臨む。9日の1週前追い切りでは、南ウッドコースで一杯に追われたクラシコ(古馬1000万)を追走し、53.0-38.9-13.5秒 ...
  • G1 中山11R・ホープフルS (競馬)毎日新聞デビュー戦で先着を許したロックディスタウンはのちに札幌2歳Sを優勝。阪神の未勝利戦を上り2ハロン目に推定10秒台のラップを計時して快勝すると、続く萩Sでは重馬場ながらレースの上りを1秒1も上回る末脚で圧勝した。前走京都2歳Sは勝ち馬グレイルの決め手に屈したが、ラスト3ハロンすべて推定11秒台のラップをマークして ...【ホープフルS】トライン「今後のため番手で」 新馬戦は逃げて快勝