中央競馬【GIII】東京スポーツ杯2歳ステークス

東京スポーツ杯2歳ステークス

東京スポーツ杯2歳ステークス(とうきょうスポーツはいにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
寄贈賞を提供する東京スポーツは、東京都江東区に本社を置く新聞社。
正賞は東京スポーツ杯。

概要

1966年にオープン特別「東京3歳ステークス(とうきょうさんさいステークス)」の名称で創設された、3歳(現2歳)馬による競走。1968年より名称が「府中3歳ステークス」に改められ、以来3歳オープンの特別競走として長らく施行してきたが、1996年に3歳重賞競走整備の一環として重賞(GIII)に格上げ、「朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯フューチュリティステークス)」の前哨戦として位置づけられた。あわせて指定交流競走にも指定され、地方競馬所属馬は2頭まで出走可能となった。
1997年より名称を「東京スポーツ杯3歳ステークス」に改め、2001年から馬齢表記を国際基準へ変更したのに伴い、現名称となった。創設時の施行距離は芝1400mだったが、1984年より芝1800mに改められ、現在に至る。
格付表記は2007年に日本がパートI国へ昇格した際「JpnIII」へ変更。2010年には外国馬も出走可能な国際競走に指定され、国際格付の「GIII」に改められた。
本競走の上位馬が翌年(3歳時)のクラシックでも活躍することがあるなど、大レースへの登竜門としても注目を集める競走である。

競走条件

以下の内容は、2015年現在のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡馬・セン馬55kg、牝馬54kg)

ホープフルステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬はホープフルステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬にはホープフルステークスの優先出走権が与えられる。
なお、2016年までは朝日杯フューチュリティステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は朝日杯フューチュリティステークスの出走候補馬(2頭まで)に優先出走が認められていた。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には朝日杯フューチュリティステークスの優先出走権が与えられていた。

賞金

2015年の1着賞金は3200万円で、以下2着1300万円、3着800万円、4着480万円、5着320万円。

【GIII】東京スポーツ杯2歳ステークス関連の話題・ニュース