中央競馬【GIII】チャレンジカップ

チャレンジカップ

チャレンジカップは、日本中央競馬会 (JRA) が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。

概要

1950年に、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として「チャレンジカップ」の名称で創設。1953年に「朝日チャレンジカップ」と改称され、以来長らくこの名称で定着していたが、2014年より朝日杯フューチュリティステークスの施行場が阪神競馬場へ移されたことに伴い、名称は創設時の「チャレンジカップ」に戻された。
距離は第2回まで芝2400mで行われたが、1952年より2000mに変更。負担重量や開催時期は幾度か変更され、2012年から2016年は芝1800mのハンデ戦で12月に行われているが、2017年より中距離競走体系の整備に伴い芝2000mに変更されるとともに別定戦となる予定。
外国産馬は1978年から1983年まで、および1993年から2004年まで混合競走として出走が可能になったほか、1997年から地方競馬所属馬が出走可能になった。2005年から国際競走となり、外国馬も出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定(3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減)

  • 2016年12月3日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
  • 2016年12月2日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

賞金

2015年の1着賞金は4000万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着600万円、5着400万円。

【GIII】チャレンジカップ関連の話題・ニュース

  • サムライドライブぶっちぎり、重賞V4ニューヒロイン、9馬身差ぶっちぎり。名古屋競馬場で行われた3歳牝馬重賞の梅桜賞(1800メートル、北陸・東海・近畿地区交流)で、地元のサムライドライブ(角田輝也厩舎)が圧勝。丸野勝虎騎手の騎乗で、デビュー以来破竹の7連勝を飾った。 1月だけで湾岸ニュースターカップ、新春ペガサスカップに続いて3歳重賞 ...
  • サトノクロニクルの勝因とブレスジャーニーの敗因は?チャレンジカップ2017回顧2017年12月2日、阪神競馬場でチェレンジカップ(GⅢ/芝2000m)が行われ、ゴール前の叩き合いを制したサトノクロニクル(牡3)が人気に応えて見事勝利した。 2着は5番人気のデニムアンドルビー、3着は2番人気に推された3歳馬ブレスジャーニーとなった。 勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか ...
  • 牝馬の進退 走らせるべきか、子供を産ませるべきか成績を残してのお里帰りなので、ちゃんと牧場でかわいがってもらえます。ファンには申し訳ないところもありますが、馬主さんと相談して割と早く引退させることも珍しくない。 問題は成績が上げ停まってしまっている馬。現役続行ならば、そこからの競馬でどれだけ賞金を稼ぐことができるのか。あるいは、繁殖に上げて元気な子供を ...
  • チャレンジカップ2017の予想分析…デニムアンドルビーはもう一度輝けるのか?2017年12月2日、阪神競馬場でチャレンジカップ(チャレンジC/GIII/芝 2000m)が行われる。モンドインテロ、デニムアンドルビー、サトノクロニクル、マキシマムドパリらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 注目の1頭が、再起を期すデニムアンドルビーだ。復活はなるのかどうか ...
  • [ボート]蒲郡GIダイヤモンドカップ 石野V!賞金ランク首位愛知県・蒲郡ボートのナイターGI「ダイヤモンドカップ」は9日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の石野貴之(35)=大阪=がインからコンマ16のスタートで逃げ押し切り、昨年1月のからつ周年以来GI6回目の優勝。峰竜太を抜いて賞金ランキングは再びトップに躍り出た。2着は道中逆転の魚谷智之、3着には林美 ...
  • チャレンジカップ2017の予想データ分析…前走距離やレース・人気から浮上する激走馬は?2017年12月2日、阪神競馬場でチャレンジカップ(GⅢ/芝内・2000m)が行われる。 今年はサトノクロニクル、ブレスジャーニー、マキシマムドパリ、マイネルミラノらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか? 2012年から2016年まで外回り・1800mのハンデ戦で行 ...
  • チャレンジカップ2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?2017年12月2日、阪神競馬場でチャレンジカップ(GIII/芝内回り2000m)が行われる。モンドインテロ、デニムアンドルビー、サトノクロニクル、マキシマムドパリらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは? 開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでど ...
  • 【ボート】下関で3年ぶりのチャレンジカップ 女子賞金1位・小野生奈も参戦「SG・第20回チャレンジカップ」. 「G2・第4回レディースチャレンジカップ」(21日開幕、下関). 「SG・第20回チャレンジカップ」と「G2・第4回レディースチャレンジカップ」が21日から26日まで、山口県のボートレース下関で開催される。このPRのため、下関ボートレース企業局の古川力参事ら関係者が14日、東京都江東区のデイリー ...
  • 【チャレンジカップ2017予想】サトノクロニクル、好条件ズラリ揃った!12月2日(土)は阪神競馬場で「チャレンジカップ」が開催されます。今年から距離が1800m→2000mに変更、さらにハンデ→別定に変更され、過去のデータや傾向などが当てはめずらくなりましたが、レースの傾向としては穴馬の激走が多く、波乱傾向が強いレースですので、波乱の展開に期待した買い方で楽しむのも ...