中央競馬【GIII】中日新聞杯

中日新聞杯

中日新聞杯(ちゅうにちしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
寄贈賞を提供する中日新聞社は、愛知・東京・石川・静岡に本社を置く新聞社。
正賞は中日新聞社賞。

概要

1965年に「中日杯(ちゅうにちはい)」の名称で創設された、5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走。翌年から現名称となった。
創設時は中京競馬場に芝コースがなかったため砂コースの1800mで行われていたが、中京競馬場に芝コースが新設された1970年より、芝1800mに変更。2006年から芝2000mで行われている。施行時期は1999年までは春季競馬で行われ、2000年から2011年までは暮れの中京開催で行われ、2012年から2016年までは春季競馬で行われていたが、2017年より中距離競走体系の整備に伴い再び暮れの中京開催での施行となる。
本競走は1981年より内国産種牡馬奨励策の一環として、愛知杯(1972年から2003年まで)・カブトヤマ記念(1974年から2003年まで)とともに「父内国産馬限定」の競走条件で行われていたが、2008年から外国産馬の出走が可能になった。地方競馬所属馬は2000年から2011年まで出走可能となったものの、2012年から2016年までは出走できなくなっていたが、2017年から再び出走可能となった。2009年から国際競走となり、外国馬も出走可能になった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金

2016年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着600万円、5着410万円。

【GIII】中日新聞杯関連の話題・ニュース

  • 競馬、オウケンムーンが優勝 共同通信杯第52回共同通信杯(11日・東京11R1800メートル芝12頭、G3)6番人気のオウケンムーン(北村宏司騎乗)が1分47秒4で勝ち、3連勝で重賞初制覇を飾った。 オウケンムーンは、最後の直線で力強く抜け出し、後続馬を振り切った。 払戻金は単勝が1360円、枠連は(1)―(5)で4010円、馬連は(1)―(6)で5080円、馬 ...
  • 【東京新聞杯】1番人気10連敗中…ならグイグイ上昇ディバインコードの出番だ!【東京新聞杯(日曜=4日)得ダネ情報】GIII「東京新聞杯」の舞台は“フェア”で知られる東京芝1600メートルなのだが、1番人気は目下10連敗中…。2008年の254万3450円を筆頭に、過去10年で3連単10万円超えが4回と、桁違いに波乱傾向の強い重賞だ。時期的に調整が難しく、かつ馬場が悪化しやすいことが ...
  • 【東京新聞杯】サトノアレス、府中のマイルで16年朝日杯FS以来のタイトルを狙う!藤沢和調教師は「この条件はいいはずだからね」と舞台設定を歓迎する。 今年に入っても中山金杯(1着セダブリランテス、2着ウインブライト)、アメリカJCC(1着ダンビュライト、2着ミッキースワロー)と、重賞で存在感を発揮する4歳世代。昨年のワンツースリー(1着ブラックスピネル、2着プロディガルサン、3着エアスピネル)をはじめ ...
  • 【東京新聞杯】グイッと加速グレーターロンドン、得意のマイルで重賞初Vだ第68回東京新聞杯・G3(4日、東京)に出走するグレーターロンドンは美浦・Wコースの3頭併せで目を引く動き。全6勝中5勝を挙げるマイル戦での重賞初Vに挑む。 マイルで本領発揮だ。グレーターロンドンは、美浦・Wコースの4ハロンから3頭併せ。最後方から外トゥーレ(3歳新馬)を4馬身半、中ブラストワンピース(3歳500万)を ...
  • グレーターロンドン乗り替わりの「裏」川田将雅の「本気度」超高い?4日(日)に東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)。「未完の大器」と評されるグレーターロンドン(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)が出走を予定している。 グレーターロンドンは早くから突出した才能を認められながらも、故障で3歳クラシックには出走できず、重賞初挑戦は5歳だった。初挑戦の安田記念(G1)は4着、次走の毎日 ...
  • 【武豊】快勝だった東京新聞杯と楽しみなG1レースに向けて、馬の状態を最高レベルまで持っていくため、レース本番の3~4日前の早朝に、栗東でも、美浦でも、最終追い切りが行われます。このとき、本番と同じ騎手が乗るのか、いつもと同じ人が乗るのか、調教師の先生の考え方によって、それぞれですが、休み明けで久しぶりに乗ることになった馬の場合は、ここ ...
  • 東京新聞杯2018の競馬予想分析…リスグラシューが牡馬斬りへ!3つの期待要素2018年2月4日、東京競馬場で東京新聞杯(GIII/芝1600m)が行われる。グレーターロンドン、ダイワキャグニー、ダノンプラチナ、リスグラシュー、クルーガーらが出走し、有力馬が早めの始動ということもあり激戦の様相を呈している。 そんな激戦模様の東京新聞杯であるが、この記事ではリスグラシューに注目した。 昨年の ...
  • 【G3東京新聞杯】4歳牝馬のリスグラシュー 「今週の決断」【侍ジャパンシリーズ2018】豪州戦に松井裕樹、千賀滉大、菊池涼、筒香嘉智ら選出 (Full-count) 02月20日17時45分. 中日・松坂大輔が沖縄キャンプ 他球団はキャンプ中の新戦力をチェックで「欄外扱い」 (アサ芸プラス) 02月20日10時56分. エ軍監督「大谷はまず投手」 (読売新聞) 02月19日22時16分 ...
  • 東京新聞杯2018の競馬予想分析…アドマイヤリードを頭で狙えない4つの理由2018年2月4日、東京競馬場で東京新聞杯(GⅢ/芝1600m)が行われる。グレーターロンドン、ダイワキャグニー、リスグラシュー、ダノンプラチナ、クルーガー、アドマイヤリード、サトノアレスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは? アドマイヤリードは今回と同じ舞台で昨年のヴィクト ...
  • 【東京新聞杯】コース歓迎ダイワキャグニー 前走勝って更に良化ダノンプラチナ31日、東京新聞杯(G3)の追い切りが美浦トレセンで行われた。 ○前走、中山金杯で5着だったダイワキャグニー(牡4、美浦・菊沢厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F68.8-53.1-39.0-13.2秒をマークした。 【菊沢隆徳調教師のコメント】 「前走は中団からの競馬で、流れも落ち着いていたので ...
  • 【東京新聞杯】アドマイヤリードは最内1枠1番!グレーターロンドンは大外8枠16番!重賞初制覇のコースに舞い戻り、4歳初戦へ弾みをつけたい。 前走の京都金杯で2着だったクルーガー(牡6、栗東・高野厩舎)は4枠7番。3走前の富士ステークスで半年ぶりの実戦を迎えてからは勝利に手が届いていないが、重賞2勝目が懸かる。 前走のニューイヤーSを制したダノンプラチナ(牡6、美浦・国枝厩 ...