地方競馬【JpnII】東京盃

東京盃

東京盃(とうきょうはい)は、大井競馬場で行われる地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走、JpnII)である。農林水産省が賞を提供、また「Road to JBC」に指定されているため正式名称は「Road to JBC 農林水産大臣賞典 東京盃」と表記される。
副賞は農林水産大臣賞、特別区競馬組合管理者賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、東京都馬主会理事長賞(2017年)。

概要

1967年に創設された地方競馬では全国で初めての短距離重賞競走で、創設時から大きく条件の変化はない。創設時は船橋の報知グランプリカップと共にサラブレッド系だけでなくアングロアラブ系馬の出走も可能なオールカマーの重賞競走であった。1995年に全国指定交流競走となりJRAおよび他地区所属馬にも門戸が開かれたがアラブ系の衰退により1996年に南関東公営競馬でのアラブ系競走が廃止され、出走資格がサラブレッド系のみとなった。
1997年よりダート競走格付け委員会によりGIIに格付けされ、ジャパンブリーディングファームズカップ(JBC)が創設されたのに伴い2001年より「Road to JBC」に指定され、上位馬にはJBCスプリントへの優先出走権が与えられることとなった。
ダートグレード競走以前の時代は東京大賞典を目指す古馬、東京王冠賞を目指す3歳馬、全日本アラブ大賞典を目指すアングロアラブがこのレースを秋の本番前の足慣らしとして用いた為に例年南関東のオールスターが揃う、南関東の秋競馬を占う一大前哨戦となっていた。現在では南関東地区のスプリント王決定戦かつJBCスプリントへの前哨戦の意味合いが高い。
1974年には「アラブの魔女」と呼ばれたイナリトウザイがレコードタイムで優勝、1994年にはアングロアラブながら59kgの出走馬中最重斤量を背負ったトチノミネフジが2着に入るなど、時としてサラブレッドと互角以上に渡り合うアラブの活躍が見られた事でも知られる。最後に出走したアラブは1995年のランドアポロ(5着)である。この年の6着は後にスプリンターズステークスを制するヒシアケボノだった。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 南関東公営競馬所属馬が8頭
  • 南関東以外の地方競馬所属馬が3頭
  • JRA所属馬が5頭
  • アフター5スター賞優勝馬と習志野きらっとスプリント優勝馬に、本競走の優先出走権がある。

負担重量:別定(3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減(南半球産3歳馬1kg減))

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年9月29日より過去のGI・JpnI競走1着馬は2kg、GII・JpnII競走1着馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)

賞金

1着3500万円、2着1225万円、3着700万円、4着350万円、5着175万円、着外手当20万円

【JpnII】東京盃関連の話題・ニュース