地方競馬【JpnII】兵庫ジュニアグランプリ

兵庫ジュニアグランプリ

兵庫ジュニアグランプリ(ひょうごジュニアグランプリ)は、兵庫県競馬組合が園田競馬場ダート1400メートルで施行する地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走、統一JpnII)である。
副賞は、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、関西スポーツ5社賞、(一社)兵庫県馬主協会会長賞、兵庫県競馬組合管理者賞(2016年)。

概要

兵庫県競馬組合では、中央競馬および他地区との交流促進という全国的な流れから、それまでのアングロアラブ系競走馬に加え、1999年よりサラブレッド系競走馬を導入するようになり、その年デビューした2歳馬(当時は3歳馬)の全国交流戦として、兵庫県競馬初の統一ダートグレード競走として同年よりスタートした。このレースは年末の全日本2歳優駿や、兵庫県所属馬にとっては園田ジュニアカップに向けても重要なステップレースと位置づけられている。2007年に、JpnIII競走からJpnII競走に格上げされた。
2007年までは、指定競走「プリンスリートロフィー」の上位2頭に優先出走権が与えられていた。現在は、重賞兵庫若駒賞がその役目を担っている。
2016年の第18回までに、地方所属馬の優勝は4回ある(2005年、2009年、2014年、2016年)。地元・兵庫は2着3回があるものの、まだ勝利していない。
現在は兵庫県競馬組合設立周年記念シリーズのメインレースとして開催されている。また、これまで笠松競馬場で11月23日に施行されていた全日本サラブレッドカップがダートグレードの申請を取り下げたため、2005年から休日開催が可能となった(ただし、2007年・2008年・2012年~2015年は平日に開催)。
2015年までは、農林水産大臣賞がつき「農林水産大臣賞典 兵庫ジュニアグランプリ」の名称で行われていた。
これまで12回行われた中での優勝馬のうち、4頭が障害競走を経験している(アドマイヤタッチ、ミスイロンデル、エースインザレース、タイセイブレーヴ)。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラブレッド2歳

  • 中央競馬所属馬5頭
  • 地方他地区所属馬4頭
  • 兵庫県所属馬3頭

負担重量:定量(牡馬・せん馬は55kg、牝馬は1kg減(南半球産3kg減))

賞金

1着2,200万円、2着528万円、3着264万円、4着176万円、5着132万円。

【JpnII】兵庫ジュニアグランプリ関連の話題・ニュース

  • 【兵庫ジュニアグランプリ】単勝1・1倍のハヤブサマカオーが逃げ切り無傷3連勝圧倒的な1番人気のハヤブサマカオー(クリストフ・ルメール騎手)が逃げ切り勝ち。デビューから無傷の3連勝で、重賞初制覇を果たした。好位追走から直線入り口で並びかけ、一騎打ちに持ち込もうとした3番人気のアスターソード(和田竜二騎手)は首差届かずの2着。2馬身離れた3着は2番人気でホッカイドウ競馬所属 ...
  • 【兵庫ジュニアグランプリ】前走圧勝のソイカウボーイに注目11月21日、園田競馬場でJpnII兵庫ジュニアグランプリが行われます。過去10年で1番人気は4勝、3着1回で交流重賞としてはやや低調な一方、地方所属馬10頭が3着以内に奮闘。昨年はホッカイドウ勢が1、3着に食い込んで3連単は30万馬券になったように、馬券的な妙味も期待できます。 というわけで、今年の ...
  • 【兵庫ゴールドトロフィー】岩田騎手とコンビのレーザーバレットに注目いや、ホープフルでもうワンチャン!」なんて言っているそこのあなた! 有馬記念とホープフルSが終わっても、地方競馬は12月31日までやってますよ。しかも、水沢、大井、笠松、園田、高知の5つの場で開催。 27日は園田競馬場でJpnIII兵庫ゴールドトロフィーが行われます。毎年暮れにハンデ戦で行われ、過去 ...