地方競馬【JpnII】名古屋グランプリ

名古屋グランプリ

名古屋グランプリ(なごやグランプリ)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場ダート2500mで施行する地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走、JpnII)である。
農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 名古屋グランプリ」と表記される。
副賞は農林水産大臣賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、(一社)愛知県馬主協会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2016年)。

概要

2001年にダートグレード競走として創設。同年に中央・地方全国交流競走から外された東海菊花賞を継承している。
コース・距離は第1回から現在まで変わらず、名古屋競馬場ダート2500mである。現在行われているダートグレード競走では最長距離。
中央勢が圧倒的有利なレースであり、地方勢は第1回のミツアキサイレンス(笠松)以来優勝がない。連対も2006年第6回のレッドストーン(地元・愛知)まで、3着も2007年第7回のチャンストウライ(兵庫)までと苦戦を強いられていたが、2016年第16回でカツゲキキトキト(地元・愛知)が久々に健闘した。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 東海地区(愛知・笠松)所属馬3頭
  • 地方他地区所属馬4頭以下
  • 中央競馬所属馬5頭
  • 東海菊花賞の優勝馬に優先出走権がある。

負担重量:別定(3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減(南半球産3歳2kg減)

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年12月10日より前のGI(JpnI)競走優勝馬は2kg、GII(JpnII)競走優勝馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)

賞金

1着3100万円、2着806万円、3着403万円、4着186万円、5着155万円、着外20万円。

【JpnII】名古屋グランプリ関連の話題・ニュース

  • 佐藤騎手、「全国最高勝率」へ闘志「NARグランプリで、全国最高勝率を狙えるように頑張りたい」。昨年、笠松で140勝を挙げて2年連続リーディングに輝いた佐藤友則騎手(井上孝彦厩舎)が、今年はNAR(地方競馬全国協会)のタイトルを目指して、勝率アップに闘志を燃やしている。 笠松競馬の2017年「騎手等成績優秀者表彰」が競馬場内で行われ ...
  • ママさんジョッキー宮下瞳が昨年9月以来の重賞勝ち 名古屋競馬の梅見月杯同騎手にとっては昨年9月に同馬で制した秋の鞍以来となる重賞3勝目を挙げた。 レースは内枠から絶好のスタートを切って好位へ。ロスなく回って脚をため、最後の直線で抜け出すとゴール前では1番人気のエイシンニシパの追撃を首差でしのいだ。「本当にうれしいです。ポルタディソーニの頑張りには本当に感謝し ...
  • 驚きの内馬場パドック(ぶらり笠松)マイクロバスに乗って登場したのは、笠松や名古屋の豪腕ジョッキーたち。ここは笠松競馬場のゴール付近にある「内馬場パドック」。レース終盤、まるでリリーフカーに乗ってマウンドに向かうプロ野球の投手のようで、勇ましく気合満点だ。 本馬場の内側にあるパドックは、笠松ならではの大きな魅力である。日本の競馬場で ...
  • 名古屋GPファイナルで宇野昌磨2位。 それでも「後悔なし」だった理由。12月7日から名古屋の日本ガイシホールにて、2017年GPファイナルが開催された。 今シーズンは羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、パトリック・チャンら表彰台の常連選手が不在の上、ボーヤン・ジンまで怪我で棄権。代わりにミハイル・コリヤダ、ジェイソン・ブラウンの初進出の2人と、アダム・リッポン、セルゲイ・ボロノフらのベ ...
  • 【報知グランプリカップ2018】地元・船橋圧倒の傾向は続くのか?今回が移籍緒戦となりますが、前走のポルックスSでは58キロを背負っての4着と良化の兆しも見せていました。もうひと花があっても驚けません。 ⑥番フィールザスマートも、元JRAオープン馬。重賞勝ちこそありませんでしたが、ジャパンダートダービー、名古屋大賞典3着など重賞戦線で活躍しました。こちらももうひと花を期待 ...
  • 「騎手力」大きい地方競馬14日の名古屋グランプリ(JpnⅡ)では、1番人気カツゲキキトキト(大畑雅章騎手)のダートグレード初制覇が期待されたが、昨年に続いて惜しくも3着に終わった。2番手から4コーナーで先頭に立つ思い通りの展開となったが、前々走で中央重賞・シリウスS(GⅢ)を制したメイショウスミトモ(古川吉洋騎手)の鋭い差し脚 ...
  • 【名古屋グランプリ】アムールブリエが連覇達成!引退の花道を飾る!12月15日(木)、名古屋競馬場で行われた交流重賞・第16回名古屋グランプリ(Jpn2)(3歳上 混合 別定 1着賞金3100万円 ダート2500m)はC.ルメール騎手騎乗の2番人気・アムールブリエ(牝5、栗東・松永幹厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:41.7(重)。 2着に3馬身差で1番人気・ケイティブレイブ(牡3、栗東・目 ...