地方競馬【JpnIII】名古屋大賞典

名古屋大賞典

名古屋大賞典(なごやだいしょうてん)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート1900mで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII・SPI)である。
中日新聞社が優勝杯を提供している。正式名称は「中日新聞杯 名古屋大賞典」。
副賞は、中日新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、(一社)愛知県馬主協会会長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2017年)。

概要

1977年に5歳(現4歳)から10歳(現9歳)の別定の東海地区限定の重賞競走、名古屋大賞典として創設、第1回は名古屋競馬場のダート1900mで施行され、施行時期は現在とは違い12月に施行されていた。
1987年の第11回競走を最後に、現在の3月開催に移す為、1988年は施行されず、1996年からは東海地区グレード制施行によりSP1に指定されると同時に中央・地方全国指定交流競走に指定され、中央競馬および他地区所属馬が出走可能となり、更に負担重量を定量に変更した。
1997年からはダートグレード競走施行によりGIII(統一GIII)に格付け、2000年からは負担重量をグレード別定に変更、2005年から出走資格を4歳(旧5歳)以上に変更、2006年は前年の名古屋グランプリが降雪で中止になった事に伴い、農林水産大臣賞典の副称が付いた。
春の名古屋競馬場での名物競走で、フェブラリーステークス後のGIIIクラスのレースということもありエスポワールシチーが出走した2011年を除き一線級の馬は出走せず、中央競馬の重賞クラスの競走馬が例年出走する傾向がある。中央競馬の重賞クラスの競走馬にとっては、躍進のきっかけとなる競走であり、スマートファルコン、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ、アウォーディーは後にGI級競走優勝馬となっている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系4歳以上

  • 東海地区(愛知・笠松)所属4頭
  • 地方他地区所属3頭以下
  • 中央競馬所属5頭
  • 梅見月杯(SPI・名古屋競馬場・ダート1900m)の優勝馬には本競走の優先出走権が付与される。

負担重量:54kg、牝馬2kg減

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年3月25日より過去のGI・JpnI競走1着馬は5kg、GII・JpnII競走1着馬は3kg、GIII・JpnIII競走1着馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記に加え、G及びJpn競走通算3勝以上馬は1kg増、更に2勝ごとに1kg増となる。
  • 上限は60kg、牝馬2kg減。

賞金

1着2100万円、2着546万円、3着273万円、4着126万円、5着105万円、着外20万円。

【JpnIII】名古屋大賞典関連の話題・ニュース