地方競馬【JpnIII】名古屋大賞典

名古屋大賞典

名古屋大賞典(なごやだいしょうてん)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート1900mで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII・SPI)である。
中日新聞社が優勝杯を提供している。正式名称は「中日新聞杯 名古屋大賞典」。
副賞は、中日新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、(一社)愛知県馬主協会会長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2017年)。

概要

1977年に5歳(現4歳)から10歳(現9歳)の別定の東海地区限定の重賞競走、名古屋大賞典として創設、第1回は名古屋競馬場のダート1900mで施行され、施行時期は現在とは違い12月に施行されていた。
1987年の第11回競走を最後に、現在の3月開催に移す為、1988年は施行されず、1996年からは東海地区グレード制施行によりSP1に指定されると同時に中央・地方全国指定交流競走に指定され、中央競馬および他地区所属馬が出走可能となり、更に負担重量を定量に変更した。
1997年からはダートグレード競走施行によりGIII(統一GIII)に格付け、2000年からは負担重量をグレード別定に変更、2005年から出走資格を4歳(旧5歳)以上に変更、2006年は前年の名古屋グランプリが降雪で中止になった事に伴い、農林水産大臣賞典の副称が付いた。
春の名古屋競馬場での名物競走で、フェブラリーステークス後のGIIIクラスのレースということもありエスポワールシチーが出走した2011年を除き一線級の馬は出走せず、中央競馬の重賞クラスの競走馬が例年出走する傾向がある。中央競馬の重賞クラスの競走馬にとっては、躍進のきっかけとなる競走であり、スマートファルコン、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ、アウォーディーは後にGI級競走優勝馬となっている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系4歳以上

  • 東海地区(愛知・笠松)所属4頭
  • 地方他地区所属3頭以下
  • 中央競馬所属5頭
  • 梅見月杯(SPI・名古屋競馬場・ダート1900m)の優勝馬には本競走の優先出走権が付与される。

負担重量:54kg、牝馬2kg減

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年3月25日より過去のGI・JpnI競走1着馬は5kg、GII・JpnII競走1着馬は3kg、GIII・JpnIII競走1着馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記に加え、G及びJpn競走通算3勝以上馬は1kg増、更に2勝ごとに1kg増となる。
  • 上限は60kg、牝馬2kg減。

賞金

1着2100万円、2着546万円、3着273万円、4着126万円、5着105万円、着外20万円。

【JpnIII】名古屋大賞典関連の話題・ニュース

  • 川崎記念2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?新年初交流GⅠを展望いつもの末脚が全く見られず、年齢的な部分も懸念されたが、前走東京大賞典はしっかりと末脚を伸ばして2着に食い込んだ。 唯一気になるのは、川崎コースで勝鞍が無い点である。他の主要なダートグレードが行われるコースは勝鞍があるが、川崎だけないのである。(大井・船橋はアリ). 去年も展開は向かなかっ ...
  • 【名古屋大賞典(G3)展望】武豊&アウォーディーの圧勝劇から1年。ダート界の「新星」川崎記念(G1)覇者オールブラッシュが登場!30日、名古屋競馬場で第40回の節目を迎える交流重賞・名古屋大賞典(G3)が開催される。 昨年は武豊騎手とアウォーディーのコンビが後続を大きく突き放す圧勝劇を飾ると、そのまま怒涛の6連勝でJBCクラシック(G1)を制覇。ダート界の頂点に上り詰めた。今年は9頭立てと小頭数ながら、そのラインナップは昨年を上回る ...
  • ケイティブレイブの次走は名古屋大賞典!? 長期休養をほぼ取ることなく走り続ける同馬の未来は?今後に期待がかかる1頭だが、そのケイティブレイブの次走に3月30日の名古屋大賞典(G3、ダ1900m)が予定されていると報じられた。 これでケイティブレイブはデビュー以来、3カ月などの長期休養を取ることなく走り続けることになる。通常ならば、競走馬は月に1度程度の出走が常識。デビューから出走を毎月のように続けて ...
  • 【中京スポーツ杯・秋桜賞】プリンセスバリューがシリーズ制覇に王手!?... 【中京スポーツ杯・秋桜賞(5日、名古屋競馬場。1400メートル)】全国から強豪牝馬が集うグランダム・ジャパン(GDJ)古馬シーズン第7戦で、他地区馬優勢の傾向が強い。例年、ここでGDJ制覇を射程に入れようともくろむ陣営が多く、昨年も兵庫のトーコーヴィーナスが同レースを勝って女王に輝いた。 注目は暫定1位 ...
  • オグリキャップ記念、カツゲキキトキト制覇カツゲキキトキトは押し出される形で先行すると、高知のイッツガナハプン(赤岡修次騎手)を半馬身差で従えて、ゆったりとマイペースの逃げ。2周目の3コーナーからアサクサポイントが手応え良く迫ってきたが、カツゲキキトキトは地力の違いを見せて、1馬身半差をつけて追撃を完封。ゴール前では、愛馬の関係者や馬券を ...
  • 騎手・木村健~豪腕が語る、盟友、名馬との思い出~ ロングインタビュー後編中央競馬に話を移すと、まず中央競馬のファンの皆さんに木村騎手の名前が轟いたのは、後の三冠馬アパパネを差し切った、ショウリュウムーンのチューリップ賞(10年)だと思います。 木:ショウリュウムーンは中央では一番印象に残っていますね。ちょうど(小牧)太さんが前回ショウリュウムーンに乗っていて、「本当に ...
  • 【サラブレッド大賞典】新星ムーンファーストに期待... 【金沢・サラブレッド大賞典(10日=金沢・ダート2000メートル)】今年度から石川ダービーが新設されたことで3歳重賞は従来の3冠→4冠に変更。その最後を飾るレースとなった。現段階で出走馬は未定だが、各重賞を制した馬が揃いハイレベルの混戦になるのではと予想される。 まず挙げたいのがMRO金賞を制し ...