地方競馬【JpnIII】マリーンカップ

マリーンカップ

マリーンカップは、千葉県競馬組合が船橋競馬場ダート1600mで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
サッポロビールが優勝杯を提供しているため、正式名称は「サッポロビール盃 マリーンカップ」と表記される。
副賞はサッポロビール株式会社賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、また生産牧場賞がある(2017年)。

概要

前身は4歳(現表記3歳)牝馬限定の準重賞「マリーン・カップ」。準重賞時代は1700mの距離で争われ、ケーエフネプチュン・マキバサイレントらが優勝馬に名を連ねている。1997年に4歳(現3歳)から10歳(現9歳)までの牝馬限定の賞金別定の中央・地方全国指定交流の重賞(統一GIII・南関東G2)競走、マリーンカップとしてリニューアルし、施行回数は「第1回」とされた。競走距離も100m短縮されて1600mとなり、以降現在にいたるまで競走距離の変更はない。
2001年からは出走資格を3歳(旧4歳)以上牝馬に、2004年からは負担重量をグレード別定に変更された。2011年は東日本大震災の影響により開催中止となり、代替開催も「実施に適する日程がない」として執り行なわれない。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上の牝馬

  • 南関東地区所属馬7頭
  • 地方他地区所属馬3頭
  • JRA所属馬4頭
  • 「柏の葉オープン」で上位3着までに入った南関東所属馬に優先出走権が付与されている。

負担重量:3歳51kg、4歳以上55kg(南半球産3歳は49kg、同4歳は54kg)

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年4月7日までのGI(JpnI)競走1着馬は3kg、GII(JpnII)競走1着馬は2kg、GIII(JpnIII)競走1着馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記重量に加え、グレード・グループ競走を通算3勝以上の競走馬は1kg増とし、さらに2勝毎に1kg増。
  • 負担重量の上限は3歳が54kg、4歳以上は58kg(南半球産3歳は52kg、同4歳は57kg)。

賞金

1着2500万円、2着875万円、3着500万円、4着250万円、5着125万円。

【JpnIII】マリーンカップ関連の話題・ニュース