地方競馬【JpnIII】かきつばた記念

かきつばた記念

かきつばた記念(かきつばたきねん)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場ダート1400mで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 かきつばた記念」と表記される。競走名の「かきつばた」は、愛知県の県花。
副賞は、農林水産大臣賞典、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、地方競馬全国協会理事長賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、(一社)愛知県馬主協会会長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2017年)。

概要

1999年に創設された、中央・地方全国指定交流重賞競走。第1回より名古屋競馬場のダート1400mで施行されている。
2004年からは出走資格を4歳以上に変更した。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系4歳以上

  • 中央競馬所属馬5頭
  • 地方他地区所属馬3頭以下
  • 東海桜花賞(SP1・名古屋競馬場・ダート1400m)の優勝馬に優先出走権がある。

負担重量:ハンデキャップ

賞金

1着2100万円、2着504万円、3着252万円、4着168万円、5着126万円、着外21万円。

【JpnIII】かきつばた記念関連の話題・ニュース