地方競馬【JpnIII】北海道スプリントカップ

北海道スプリントカップ

北海道スプリントカップ(ほっかいどうスプリントカップ)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産大臣賞および日刊スポーツ賞が提供されており、「農林水産大臣賞典 日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ」と表記される。
副賞は農林水産大臣賞、株式会社日刊スポーツ新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、北海道議会議長賞、北海道知事賞(2017年)。

概要

前身は1959年から1996年まで施行されていたホッカイドウ競馬の古馬による短距離重賞競走「金杯」。交流重賞に格上げし、発展解消の形で1997年に創設された。
全国各地から短距離を得意とする馬が集まり、初夏のダート短距離チャンピオン決定戦として定着している。
2008年までは札幌か旭川のいずれかで施行。2009年より門別競馬場に変更された。2009年までの施行距離はダートグレード競走として最短となる1000mだったが、2010年からはダート1200mに変更された。施行条件がダート1000mだった2009年まで、優勝タイムが1分を切らなかったのは2007年のみ。
2014年の時点では「日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ」と呼称していたものの、2015年には農林水産大臣賞も提供され、「農林水産大臣賞典 日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ」と呼称されるようになった。
2017年のトライアル競走は「キンシャサノキセキ・プレミアム」(上位3着馬までに本競走の優先出走権を付与)。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 中央競馬所属馬4頭
  • 地方他地区所属馬4頭
  • ホッカイドウ競馬所属馬8頭

負担重量:別定(3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減(南半球産3歳2kg減、同4歳1kg減)

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年6月3日以前のGI・JpnI1着馬は3kg、GII・JpnII1着馬は2kg、GIII・JpnIII1着馬は1kgの負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)

賞金

1着2200万円、2着440万円、3着330万円、4着220万円、5着110万円。

【JpnIII】北海道スプリントカップ関連の話題・ニュース