地方競馬【JpnIII】スパーキングレディーカップ

スパーキングレディーカップ

スパーキングレディーカップは神奈川県川崎競馬組合が川崎競馬場ダート1600メートルで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
競走名は川崎競馬場のナイター競走の愛称である「スパーキングナイター」に由来。また、1995年から1997年に掛けてダート重賞路線を席巻し、特に川崎競馬場では4戦4勝(川崎記念2勝、エンプレス杯2勝)と無敵を示し、「砂の女王」と異名を取った名馬ホクトベガを記念してホクトベガメモリアルと銘打たれている。副賞は農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、よみうりランド賞、管理者賞(2017年)。

概要

1997年にダート2000メートルの南関東地区の4歳(現3歳)牝馬限定重賞(南関東G3)として創設された。翌1998年からはダート競走格付け委員会によりGIIIに格付けされダートグレード競走となり、現在の距離に変更された。また、同年より南関東グレードはG2へと格上げされた。2007年以降は、統一格付けのみの表記となり、JpnIIIに格付けされている。また、2011年よりトゥインクルレディー賞に替わり、GRANDAME-JAPANの古馬シリーズに指定され、その開幕戦となった。
2002年に7月での施行が定着して以降は、3歳牝馬と古馬(4歳以上)牝馬が本格的に初めて対戦する重賞競走に位置付けられている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上の牝馬

  • 中央競馬所属馬4頭
  • 地方競馬所属馬は10頭(地方他地区所属馬は4頭以下)
  • マリーンカップで上位2着までに入った地方所属馬、しらさぎ賞の優勝馬、関東オークスで上位2着までに入った地方所属馬には、それぞれ本競走の優先出走権が与えられている。

負担重量:3歳52kg、4歳以上55kg(南半球産3歳馬2kg減)

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年6月30日より過去のGI・JpnI競走1着馬は3kg増、GII・JpnII競走1着馬は2kg増、GIII・JpnIII競走1着馬は1kg増。
  • 上記重量に加え、G及びJpn競走通算3勝以上の馬は1kg増、更に2勝ごとに1kg増。
  • 負担重量の上限は3歳が55kg、4歳以上が58kg(南半球産3歳は53kg)。

賞金

1着2,500万円、2着875万円、3着500万円、4着250万円、5着125万円、着外手当15万円。

【JpnIII】スパーキングレディーカップ関連の話題・ニュース