地方競馬【JpnIII】マーキュリーカップ

マーキュリーカップ

マーキュリーカップは、岩手県競馬組合が盛岡競馬場ダート2000メートルで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 メイセイオペラ記念 マーキュリーカップ」と表記される。競走名は太陽系第1惑星である水星を意味する「マーキュリー(Mercury)」から。
副賞は、農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、岩手県知事賞、岩手県馬主会会長賞(2017年)

概要

1997年に創設された中央・地方全国指定交流競走で、第1回よりダート競走格付け委員会によって統一GIIIに格付けされている。
第1回は水沢競馬場のダート2000mで施行された。第4回目の2000年より施行競馬場を盛岡競馬場に変更し現在に至っている。なお、距離の変更は創設以降行われていない。
毎年海の日に開催されており、岩手競馬の夏の風物詩となっている(ただし、祝日法が改正される2003年以前において海の日が土曜日または日曜日となった第1回と第6回を除く)。また、岩手競馬で年度の最初に行われる交流重賞競走でもある。
地方勢の優勝は2015年まで第2回のメイセイオペラ(水沢)と第19回のユーロビート(大井)の2頭である。また、3歳馬も出走可能であるがこれまでに優勝したことはない。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 中央競馬所属馬5頭
  • 岩手競馬所属馬4頭
  • 岩手競馬以外の地方競馬所属馬5頭

負担重量:3歳50kg、4歳以上54kg、牝馬2kg減

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年7月12日より前のGI・JpnI競走優勝馬は5kg、GII・JpnII競走優勝馬は3kg、GIII・JpnIII競走優勝馬1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記重量に加え、G及びJpn競走を通算3勝以上している馬は1kg増で、さらに2勝ごとに1kg増。
  • 負担重量の上限は3歳56kg、4歳以上60㎏、牝馬2kg減。

賞金

賞金額は1着2300万円、2着賞金529万円、3着賞金299万円、4着賞金207万円、5着賞金115万円、着外手当は6着34万5000円、7着23万円、8着以下11万5000円。

【JpnIII】マーキュリーカップ関連の話題・ニュース