地方競馬【JpnIII】マーキュリーカップ

マーキュリーカップ

マーキュリーカップは、岩手県競馬組合が盛岡競馬場ダート2000メートルで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 メイセイオペラ記念 マーキュリーカップ」と表記される。競走名は太陽系第1惑星である水星を意味する「マーキュリー(Mercury)」から。
副賞は、農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、岩手県知事賞、岩手県馬主会会長賞(2017年)

概要

1997年に創設された中央・地方全国指定交流競走で、第1回よりダート競走格付け委員会によって統一GIIIに格付けされている。
第1回は水沢競馬場のダート2000mで施行された。第4回目の2000年より施行競馬場を盛岡競馬場に変更し現在に至っている。なお、距離の変更は創設以降行われていない。
毎年海の日に開催されており、岩手競馬の夏の風物詩となっている(ただし、祝日法が改正される2003年以前において海の日が土曜日または日曜日となった第1回と第6回を除く)。また、岩手競馬で年度の最初に行われる交流重賞競走でもある。
地方勢の優勝は2015年まで第2回のメイセイオペラ(水沢)と第19回のユーロビート(大井)の2頭である。また、3歳馬も出走可能であるがこれまでに優勝したことはない。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 中央競馬所属馬5頭
  • 岩手競馬所属馬4頭
  • 岩手競馬以外の地方競馬所属馬5頭

負担重量:3歳50kg、4歳以上54kg、牝馬2kg減

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年7月12日より前のGI・JpnI競走優勝馬は5kg、GII・JpnII競走優勝馬は3kg、GIII・JpnIII競走優勝馬1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記重量に加え、G及びJpn競走を通算3勝以上している馬は1kg増で、さらに2勝ごとに1kg増。
  • 負担重量の上限は3歳56kg、4歳以上60㎏、牝馬2kg減。

賞金

賞金額は1着2300万円、2着賞金529万円、3着賞金299万円、4着賞金207万円、5着賞金115万円、着外手当は6着34万5000円、7着23万円、8着以下11万5000円。

【JpnIII】マーキュリーカップ関連の話題・ニュース

  • リーディング独走へ今週も福島で有力馬ズラリ!月曜は盛岡で騎乗圭太:乾いていて力を要する馬場もこたえたかもしれません。現状は東京のマイルなどでスピードが活きる馬場の方が良さそうですね。 -:元・南関東のジョッキーということで、この話も振るとレースの結果は船橋のヒガシウィルウイン(牡3、船橋・佐藤賢厩舎)が勝たれ、久しぶりに地方馬がJpn1を勝利。競馬場も盛り上がっ ...
  • 【地方交流重賞展望・マーキュリーカップ】元JRA所属馬が地方転職で大量出走。今年の中心もJRA所属馬といえるが、それ以上に地方競馬所属馬を見渡すと「?」と言わざるを得ない。というのも出走馬14頭中JRA所属馬は5頭。加えて残り9頭もすべて元JRA所属馬という同窓会のような状況なのである。 地方競馬を盛り上げるための地方交流重賞にも関わらず、純粋な地方競馬出身馬の出走はな ...
  • カツゲキキトキト敗れるくろゆり賞後、盛岡ではクラスターカップ(JpnⅢ)が開催された。4年前にラブミーチャンが、戸崎圭太騎手で制覇したレースで、今年は笠松の8歳牝馬タッチデュールが参戦。3年前のくろゆり賞優勝馬だが、各地の重賞を元気に転戦する日々。この日は、JRAの藤田菜七子騎手が騎乗したこともあって、馬の実力以上の単勝 ...
  • (8)チャンピオンズC 真のスターはサウンドトゥルーコパノリッキー、アウォーディー、サウンドトゥルー……。ダート戦でおなじみのスターホースが中京に集結する。ダート戦は中央と地方の交流戦が多く、砂の最強馬たちは、全国行脚しながら賞金を稼ぐ。「ダート戦は、みんな同じレースで争うことが多く、力関係がわかる。驚くような格下馬が勝つことはないだろう。ただ、2、3着 ...
  • 京成杯は惜しくも2着に終わり、重賞4連勝に惜しくも届かなかった戸崎騎手。そもそも土日未勝利に終わったように、新年の開幕週から一転、悔しい競馬が続いてしまった。今週は外国人ジョッキーも中山に東上、また厳しい争いとなりそうだが、そんな環境の中で存在感をみせつけられるのか。奮起を期待したい。 -:先 ...
  • ミス東スポがBAOO高崎で予想会イベント開催群馬県高崎市の場外馬券売り場「BAOO高崎」(群馬県高崎市岩押町12—16)では15日(火)、同日に盛岡競馬場で開催される「クラスターカップ(JpnIII)」などの予想会イベントを実施する。 出演はテレビ東京「ウイニング競馬」などでおなじみのお笑い芸人キャプテン渡辺と、ミス東スポ2017の日里麻美、矢野冬子の ...
  • 【ブリーダーズゴールドC】昨年2着のタイニーダンサーに注目【ブリーダーズゴールドカップ(17日、門別競馬場2000メートル)】今年も17日にブリーダーズゴールドカップが、門別競馬場で行われます。 2000メートルに変更された2009年以降の8回を振り返ると、牡馬混合戦として行われていた時期も含めて1番人気馬はわずか1勝。ただし、2着5回、3着1回と、馬券圏内から外れるこ ...
  • 【栗駒賞】菅原調教師は状態上向きラブバレットに期待【栗駒賞(7月2日・水沢競馬場1400メートル)】真夏のスプリント決戦「第22回クラスターカップ」(JpnIII=8月15日)への道は栗駒賞からスタートする。 一昨年まで早池峰賞→岩鷲賞→クラスターカップが基本路線だったが、早池峰賞は早池峰スーパースプリントへ発展的解消。11月に行われていた栗駒賞が、昨年か ...