地方競馬【JpnIII】ブリーダーズゴールドカップ

ブリーダーズゴールドカップ

ブリーダーズゴールドカップは、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
正式名称は「JBC協会賞 農林水産大臣賞典 スポーツニッポン杯 ブリーダーズゴールドカップ」であり、これら各団体より賞の寄贈を受けている。
副賞は一般社団法人JBC協会会長賞、農林水産大臣賞、株式会社スポーツニッポン新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞(2017年)。

概要

1989年に、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央競馬と地方競馬の全国交流競走として創設。1994年までは札幌競馬場のダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年より旭川競馬場のダート2300mに変更。施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していた。2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更された。創設時より内国産馬限定で施行されてきたが、2006年から外国産馬も出走可能になった。
第1回の1着賞金は3000万円で、最も高かった第8回(1998年)から第13回(2001年)までは5000万円が設定されるなど、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとしての地位を保ち続けている。1997年よりダート競走格付け委員会によってダートグレード競走に指定、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGIIに格付けされた(その後格付表記はJpnIIに変更)。創設当時、地方競馬で施行される中央と地方のダート交流重賞は本競走と帝王賞(大井競馬場)しかなく、中央・地方交流重賞としては長い歴史を持つが、GI(JpnI)に格上げされることはなかった。
2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され、あわせて格付けもJpnIIIに格下げとなった。また、GRANDAME-JAPAN古馬シーズンの対象競走にも指定された。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上牝馬

  • 中央競馬所属馬5頭
  • 地方他地区所属馬4頭
  • 北海道所属馬7頭

負担重量:3歳53kg、4歳以上55kg(南半球産3歳2kg減)

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年8月11日までのGI・JpnI競走優勝馬は3kg、GII・JpnII競走優勝馬は2kg、GIII・JpnIII競走優勝馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)

賞金

1着2500万円、2着500万円、3着375万円、4着250万円、5着125万円。

【JpnIII】ブリーダーズゴールドカップ関連の話題・ニュース