地方競馬【JpnIII】オーバルスプリント

オーバルスプリント

テレ玉杯オーバルスプリントは、埼玉県浦和競馬組合が浦和競馬場ダート1400mで施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
副賞は、埼玉県浦和競馬組合管理者賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、(一社)埼玉県馬主会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、テレ玉賞(2017年)。

概要

1991年にダート1900mの重賞・「テレビ埼玉杯」として創設、2005年施行距離が1400mに変更された。創設当初は年度末開催、その後1997年から5月に施行時期を移し、2005年に距離が短縮された当初は6月、翌年から年末12月開催に施行されていた。
2008年度からは一新して埼玉新聞杯とともに競走名が変更され、浦和競馬所属で中央競馬移籍後に中央競馬のGI競走を制したトロットサンダーの功績を記念して、2008年3月に「トロットサンダー記念 オーバルスプリント」と決定された。
2011年からは短距離競走の整備の元、9月に施行時期を移し、新たに中央所属馬を含めた指定交流重賞競走として施行。テレ玉杯(テレビ埼玉)の冠競走が復活する。
なお規定に伴い、施行2年間はダートグレード競走としての格付けを行わず、重賞として施行された。2013年からはJpnIII格付けで施行される。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系3歳以上

  • 中央競馬所属馬4頭
  • 南関東地区所属馬5頭
  • 南関東地区以外の地方所属馬3頭
  • 習志野きらっとスプリント上位2着までのうちの南関東所属最先着馬、サンタアニタトロフィーの優勝馬、アフター5スター賞の優勝馬には優先出走権がある。

負担重量:別定(3歳52kg、4歳以上54kg、牝馬2kg減(南半球産3歳2kg減))

上記を基本重量とし、更に以下のように斤量が課せられる

  • 本年9月15日より過去のGI・JpnI競走1着馬は5kg、GII・JpnII競走1着馬は3kg、GIII・JpnIII競走1着馬は1kg負担増となる(ただし2歳時の成績は対象外)
  • 上記重量に加え、G・Jpn競走を通算3勝以上は1kg増とし、さらに2勝ごとに1kg増とする。
  • 負担重量の上限は3歳58kg、4歳以上60kg、牝馬2kg減(南半球産3歳56kg、同牝馬54kg)。

賞金

1着2100万円、2着735万円、3着420万円、4着210万円、5着105万円。

【JpnIII】オーバルスプリント関連の話題・ニュース