地方競馬【JpnIII】エーデルワイス賞

エーデルワイス賞

エーデルワイス賞(エーデルワイスしょう)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産大臣より寄贈賞を、報知新聞社より優勝杯の提供を受けており、名称は「農林水産大臣賞典 報知新聞社杯 エーデルワイス賞」と表記している。
副賞は、農林水産大臣賞、株式会社報知新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、北海道知事賞(2017年)。

概要

1998年にサラブレッド系3歳(現2歳)牝馬限定のダートグレード競走として創設され、第1回より統一GIIIに格付けられている。ホッカイドウ競馬ではリリーカップ、フローラルカップに続く2歳牝馬三冠競走の最終戦として位置づけられている。
当初は札幌競馬場のダート1700mで施行されていたが、2000年から2005年までは開催地を門別競馬場に変更。2002年まではダート1800mで、2003年から2005年まではダート1200mで施行。2006年から2008年までは開催地が旭川競馬場に変更され、ダート1600mで施行された。旭川競馬場の廃止に伴い2009年より門別競馬場に戻され距離も1200mとなった。2010年よりGRANDAME-JAPAN・2歳シーズンの第2戦に指定されている。
交流競走としては珍しく地元ホッカイドウ競馬をはじめとした地方競馬所属馬が優勝する例が多く、2016年までの優勝馬の内訳は地方競馬所属馬が9頭、JRA所属馬が10頭となっている。

競走条件

以下の内容は、2017年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系2歳牝馬

  • ホッカイドウ競馬所属馬8頭
  • 他地区の地方競馬所属馬4頭
  • JRA所属馬4頭
  • フローラルカップで上位2着までに入った馬と、リリーカップの優勝馬に優先出走権がある。

負担重量:定量(54kg(南半球産3kg減))

賞金

1着2000万円、2着400万円、3着300万円、4着200万円、5着100万円。

【JpnIII】エーデルワイス賞関連の話題・ニュース

  • 再び近付く中山開催(美浦)変則3日間開催で、明日は京都と小倉競馬のみ。東京競馬はあさってからですね。そのあさっては近年、クラシック戦線との強い連関性を示している共同通信杯が行われます。今年もここ数年の傾向通りそれほど多い頭数ではないですが、将来性豊かな12頭がスタンバイ。目が離せない一戦であります。 そんななか ...
  • 【エーデルワイス賞】ストロングハート 阿部龍騎手とのコンビに期待!さて、来る12日に門別競馬場でエーデルワイス賞が行われます。 リリーカップ、フローラルカップに続く、ホッカイドウ競馬の牝馬3冠に位置付けられ、2015年の勝ち馬タイニーダンサーなどその後の活躍馬を輩出している出世レースとも言えます。 開催が門別に戻ってからの過去8年を見てみると、馬券に絡んだ24頭中20頭 ...