地方競馬【JpnIII】北海道2歳優駿

北海道2歳優駿

北海道2歳優駿(ほっかいどうにさいゆうしゅん)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。
農林水産大臣より寄贈賞を、道新スポーツより優勝杯の提供を受けており、名称は「農林水産大臣賞典 道新スポーツ杯 北海道2歳優駿」と表記される。
副賞は農林水産大臣賞、株式会社道新スポーツ賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、北海道知事賞(2016年)。

概要

1974年に北海道3歳優駿(ほっかいどうさんさいゆうしゅん)の名称で創設された、サラブレッド系3歳(現2歳)馬の重賞競走。施行場は1988年まで札幌競馬場(ダート1200m)で定着していたが、その後開催日程に左右されたびたび変更された後、1997年より門別競馬場(ダート1800m)で概ね定着、併せて全国交流のダートグレード競走としてGIIIに格付けされた。2001年から、馬齢表記変更に際し現名称に変更された。
全日本2歳優駿(JpnI、川崎競馬場)のトライアル競走に指定されており、優勝馬には全日本2歳優駿への優先出走権が与えられる(地方所属馬に限る)。
ダートグレード競走に変更された1997年以降の優勝馬は、中央競馬所属馬が9勝、地方所属馬が10勝(すべてホッカイドウ競馬)となっている(2015年)。

競走条件

以下の内容は、2016年現在のもの。

出走資格:サラブレッド系2歳

  • ホッカイドウ競馬所属馬6頭
  • 地方他地区所属馬4頭
  • 中央競馬所属馬4頭
  • サンライズカップで上位2着までに入った馬に優先出走権がある。

負担重量:定量(55kg、牝馬1kg減(南半球産3kg減))

賞金

1着2000万円、2着400万円、3着300万円、4着200万円、5着100万円。

【JpnIII】北海道2歳優駿関連の話題・ニュース