【調教師】池上 昌和(イケガミ マサカズ)

池上 昌和 調教師
生年月日 1974年10月6日
出身地 東京都
免許取得年 2015年
所属場 美浦

【調教師】「池上 昌和」関連の話題・ニュース

  • 【2017ヤングジョッキーズシリーズ】船橋の臼井騎手が総合優勝 「優勝できてよかったです」27日に行われたファイナルラウンド大井で34点を獲得して迎えたこの日、第1戦の中山8R(3歳上500万、芝2000メートル=14頭立て)は11番人気のリセンティート(牡3歳、美浦・尾形和幸厩舎)で7着、第2戦の中山10R(3歳上1000万、ダート1800メートル=14頭立て)は9番人気のピントゥリッキオ(牝4歳、美浦・池上昌和 ...
  • 【2歳勝ち馬診断】心肺機能が優れているスピアーノ…気性面の成長が課題16日の中山5Rの2新馬(芝1800メートル、15頭立て)は、後続に終始1馬身のリードを保って逃げた、8番人気のスピアーノ(牝、美浦・池上昌和厩舎=ヴィクトワールピサ産駒)がゴール前で1番人気マイネルファンロンの追撃を鼻差しのいで逃げ切り、初陣を飾った。勝ち時計は1分50秒3。 松岡は「折り合いが課題。先頭じゃ ...
  • 【中山新馬戦】祖母ゴールドティアラのヘニーヒューズ産駒ゴールドタンバリンがデビューV2日の中山4R・2歳新馬戦(牝馬限定、ダート1200メートル=16頭立て)は、ヘニーヒューズ産駒の4番人気のゴールドタンバリン(牝、美浦・池上昌和厩舎)が、直線で抜け出してデビュー戦を飾った。祖母は南部杯を含むダート重賞5勝を挙げたゴールドティアラ。勝ち時計は1分12秒2。 スタートはそれほど速くなかったが ...
  • 【クイーンC】アエロリット軽快に終い12.5秒「前向きさとスピードを生かした競馬を」前走、3歳新馬(1/22・中山・芝1600)1着のセイウンキラビヤカ(牝3、美浦・池上和厩舎)は、助手を背に坂路コースで追われ、4F52.0-37.9-24.8-12.3秒をマークした。 【池上昌和調教師のコメント】 「デビュー前からラクに良い時計を出していましたし、今週も坂路単走でムリせず終いもしっかり伸びていました。現状では ...
  • 【天皇賞(秋)】天皇賞初挑戦に意欲十分ロゴタイプ「2000でも通用する馬」前走、メイS9着のカムフィー(牡7、美浦・池上和厩舎)は、蛯名正義騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F71.4-55.3-40.0-13.4秒をマークした。 【池上昌和調教師のコメント】 「しっかりリフレッシュさせましたし、休み明けでもむしろ元気があって良い状態です。年齢も年齢ですし、使い込むよりも休み明けのフレッシュな ...
  • 2017ワールドオールスタージョッキーズの騎手と騎乗馬が決定!札幌競馬場では今週末の26日(土)、27日(日)に「2017ワールドオールスタージョッキーズ」が開催されます。 同競走は外国騎手6名、地方競馬代表騎手1名、本会代表騎手7名の計14名によって行われ、個人戦に加え、出場騎手を「WAS選抜(外国騎手・地方競馬代表騎手チーム)」と「JRA選抜(JRA代表騎手 ...