【調教師】池上 昌弘(イケガミ マサヒロ)

池上 昌弘 調教師
生年月日 1947年10月15日
出身地 東京都
免許取得年 1988年
所属場 美浦

【調教師】「池上 昌弘」関連の話題・ニュース

  • JRA「親子調教師」の悲喜こもごも......「所属馬問題解消」も「スタッフのイメージ」根強く?2月末で厩舎解散となる美浦の池上昌弘厩舎。騎手時代にはトウショウボーイで皐月賞を制し、調教師としても450勝以上を上げた名伯楽である。 今年も何人かの調教師が定年、もしくはそれぞれの理由で厩舎解散・引退を迎えることとなるが、去る者の残したものを「受け継ぐ人」がいることは、何も競馬界に限った話ではな ...
  • 小島太「俺はサクラの馬、境厩舎」 名騎手、名調教師だった男の定年。今年も、一時代を築いた伯楽たちがトレセンから去って行く。 今月、2018年2月一杯で定年を迎え、厩舎を解散する調教師は10名。池上昌弘(453勝)、岩元市三(497勝、テイエムオペラオー)、尾形充弘(799勝、グラスワンダー)、加藤敬二(480勝、ノースフライト、エリモエクセル)、小島太(475勝、イーグルカフェ、マンハッタンカフ ...
  • JRAイチの「豪快王」小島太列伝。愛人、酒席トラブルあっても名騎手、名調教師の生き様に曇りなし騎手としての同期生には同じく先日引退となった池上昌弘と目野哲也、すでに引退している田島良保、安田富男、平井雄二らがいる。騎手課程修了後は、厩舎実習で世話になった東京競馬場の高木良三厩舎にそのまま所属し、そこで当時1頭しか所有していなかった馬主の全演植(さくらコマース)と運命的な出会 ...
  • 【根岸S】ヒカリブランデーが回避 追い切りで放馬し外傷1月28日に東京競馬場で行われる第32回根岸S・G3(ダート1400メートル)に出走を予定していたヒカリブランデー(牡7歳、美浦・池上昌弘厩舎)が、同レースを回避することが25日午後に決まった。 同馬はこの日朝に美浦のウッドチップコースで最終追い切りを行った際、4コーナーで鞍がずれたため鞍上が落馬し、放馬し ...
  • 定年まであと1カ月半 和田正道厩舎ラストスパートの12頭出し競馬界の年度末は2月。調教師が70歳で定年となる厩舎は、解散まであと1カ月半に迫った。 今年は美浦5厩舎(池上昌弘、尾形充、小島太、二本柳、和田正道)、栗東5厩舎(岩元、加藤敬、佐藤正、福島、目野)の計10厩舎。年明けからはその厩舎の好走、激走が… この記事は会員限定です。 ...
  • 小倉大賞典2018の競馬予想データ分析…4つの注目点から浮上する激走馬とは?2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか? 現在、冬の小倉開 ...
  • 競馬界「西高東低」に一石 JRA調教師・小島茂之(上)栗東に出向き調教、G1勝利. 美浦の馬が栗東に長期滞在する手法の先駆けは、先輩調教師の国枝栄(54)。G1 6勝の美浦のトップ調教師の一人である国枝は、早くから栗東の坂路の効果に着目、02年秋から取り組みを始めた。また、美浦の施設改善を求めて日本中央競馬会(JRA)にリポートを提出している。 今 ...