【調教師】池添 兼雄(イケゾエ カネオ)

池添 兼雄 調教師
生年月日 1952年10月22日
出身地 鹿児島県
免許取得年 1997年
所属場 栗東

【調教師】「池添 兼雄」関連の話題・ニュース

  • 有馬記念の枠順抽せん会にみた悲喜こもごも。絶好枠と思われる枠順を引き当てたあのジョッキーの本音は?!角居勝彦調教師と福永祐一騎手が登壇。 「昨日、角居厩舎の忘年会があり、スタッフ皆に内枠を引いてと言われた」と語る福永がクジを引く。結果は7番。角居は「よしよし、グッド」と笑みをみせた。 3番目がヤマカツエース。池添兼雄調教師、池添謙一騎手の親子が壇上へ。 「内が欲しい」と言った池添謙一が引き当てた ...
  • 【有馬記念】反応抜群シャケトラ福永「上積みを期待させてくれる」20日、有馬記念(G1)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。 ○前走、ジャパンC11着のシャケトラ(牡4、栗東・角居厩舎)は、坂路で単走、終い一杯に追われて4F54.4-38.8-24.6-12.0秒をマーク。前半ゆったり入った分、全体の時計は目立たないが、追われてからの反応は実に俊敏。大敗のダメージもなく ...
  • 天皇賞(秋)、ジャパンCの敗因ハッキリ 昨年4着の舞台で一発狙う ヤマカツエース天皇賞の後は、さすがに反動はありましたか? 土:うん、さすがにちょっとありました。ダメージが大きかったので、ジャパンカップの一週前追い切りもそこまでやれない状態で、終い重点の形になりました。ダメージというか、回復のほうに時間がかかったと言ったほうがいいのかもしれません。速いところはセーブした感じです ...
  • スターリーステージ、シルヴァンシャー、ラッキーチョウサン…今週デビューする有力馬をピックアップ!NHKマイルC、マイルCSを勝ったミッキーアイルを全兄に持つスターリーステージ(牝、栗東・音無秀孝厩舎=ディープインパクト産駒)の前評判がすさまじい。1週前は栗東の坂路で小倉2歳S5着のイイコトズクシと併せて52秒4。手応えは断然優っていた。今週も51秒1の好時計で駆け上がり、態勢はパーフェクト。音無調教師 ...
  • 大敗は雨のレースだけ 重賞勝った中山で末脚爆発だメラグラーナ【池添 学】Manabu Ikezoe. 父は池添兼雄調教師、一つ上の兄は池添謙一騎手という競馬界サラブレッド一族に産まれる。当初は騎手を目指すが、体格面を考慮した末に断念。父と同じ調教師を志す。 学生時代に馬術の勉強を始め、明治大学では馬術部のキャプテンを務めるまでに、その名を馳せた。2008年から ...
  • 【ジャパンC】レインボーライン引き続き順調「今回も頑張ってくれる」... 栗東・池添兼厩舎)は、池添謙一騎手を背に、CWコースで2歳未勝利のアリイタヤスを0.4秒追走。直線でビシッと気合を付けるとキビキビとしたフットワークで3馬身先着。タイムは6F80.6-65.6-51.0-37.8-11.5秒を計時した。 「先週は単走でサラッと。今週は前に馬を置いて併せ馬で。集団にハマって内を走った分 ...
  • オブセッション、マルケッサ、カツジ…今週デビューする有力馬をピックアップ!オブセッション(牡、美浦・藤沢和雄厩舎=ディープインパクト産駒)の母パーシステントリーは、米ダートG1のパーソナルエンサインS(2000メートル)の勝ち馬。ディープ×米ダートG1勝ち馬の配合は、今週の菊花賞に出走するアルアイン(母ドバイマジェスティ=BCフィリー&メアスプリント勝ち馬)など、現在のトレンド。全姉のパー ...
  • 【高松宮記念】池添学調教師、豪州産馬メラグラーナでG1初制覇狙う当時、父・池添兼雄調教師の厩舎で調教を重ねている時期だった。 「初めて調教で乗り、『しっかりしてくれば、とんでもない馬になる』と感じました。後肢が弱く、デビューが遅れ、初戦は僕の開業直後。今思えば、運命的なものだったかも知れません」. 厩舎のJRA初勝利&初重賞Vを挙げた豪州産馬への思い入れは ...
  • 【デイリー杯2歳S展望】ドリームパスポートの半弟フロンティアが無傷の3連勝に挑む今年のJRA2歳一番星に輝いたディープインパクト産駒、ケイアイノーテック(牡、栗東・平田修厩舎)は6月3日のデビュー戦以来の復帰。初戦は好位から抜け出し、センスの良さを感じさせた。母が、JRAダート9勝馬で重賞2勝(プロキオンS、カペラS)のケイアイガーベラだけに、今の京都のパワーを要する馬場は向くだろう。 重 ...
  • 【天皇賞・秋展望】春秋制覇を目指す武豊騎手騎乗のキタサンブラックが中心逆にクイーンエリザベス2世カップ1着のネオリアリズム(牡6歳)は、東京コースが合うイメージ。美浦・堀宣行厩舎所属の2騎はともにぶっつけだが、力量的に当然マークが必要だ。 昨年3着のステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、安定感十分だが、G1を勝ち切るための瞬発力が課題か。 宝塚記念4、5着シャケ ...
  • 【フローラS】ヤマカツグレース2着 横山典の好騎乗でオークス切符ゲット... のヤマカツグレース(横山典弘騎手騎乗、栗東・池添兼雄厩舎、父ハービンジャー)を首差かわして優勝。未勝利、500万に続く3連勝で重賞初制覇を果たした。 3着は2番人気のフローレスマジック(戸崎圭太騎手騎乗)。1番人気のホウオウパフューム(田辺裕信騎手騎乗)は8着に敗れ、3連単は39万7370円の高 ...
  • 【2歳勝ち馬診断】母メリッサのディープ産駒カツジ…多様な可能性を感じる好素材21日の京都5Rの2歳新馬(芝1600メートル、15頭立て)は、5番手から運んだカツジ(牡、栗東・池添兼雄厩舎=ディープインパクト産駒)がメンバー最速タイの上がり3ハロン35秒9の脚で伸びて1番人気に応えた。勝ちタイムは1分38秒8(重馬場)。 松山は「調教からいい馬だと思っていた。乗りやすく、レースで注文がない ...