【調教師】石坂 正(イシザカ セイ)

石坂 正 調教師
生年月日 1950年12月24日
出身地 佐賀県
免許取得年 1997年
所属場 栗東

【調教師】「石坂 正」関連の話題・ニュース

  • スターリーステージ、シルヴァンシャー、ラッキーチョウサン…今週デビューする有力馬をピックアップ!NHKマイルC、マイルCSを勝ったミッキーアイルを全兄に持つスターリーステージ(牝、栗東・音無秀孝厩舎=ディープインパクト産駒)の前評判がすさまじい。1週前は栗東の坂路で小倉2歳S5着のイイコトズクシと併せて52秒4。手応えは断然優っていた。今週も51秒1の好時計で駆け上がり、態勢はパーフェクト。音無調教師 ...
  • 「日本競馬史上最強馬」父系途絶えるか......エルコンドルパサーの後継・ヴァーミリアン種牡馬引退この年も川崎記念(G1)を制するなど活躍していたヴァーミリアンだったが、レースでは4コーナーの入り口から後退し、そのまま自己最低着順となる14着。管理していた石坂正調教師は「これまで本当によく頑張ってくれた。東京大賞典も考えたが、前走の内容などを見て引退が決まった」と引退理由を語っている。 7年連 ...
  • 15年ローズS優勝のタッチングスピーチが繁殖入りJRAは15日、2015年のローズS・G2を制したタッチングスピーチ(牝5歳、栗東・石坂正厩舎)の競走馬登録を16日付で抹消すると発表した。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖入りの予定。 父ディープインパクト、母リッスン(父サドラーズウェルズ)の同馬は2014年11月にデビュー。15年春のクラシックには出走できず ...
  • 【あやめ賞】グラットシエルが鼻差で2連勝 次走は白百合Sへ... 歳、栗東・石坂正厩舎)がゴール前で差し切り、未勝利からの2連勝でオープン入りを決めた。勝ち時計は1分47秒2。 発馬直後に福永が仕掛け気味に位置を押し上げ、道中は好位から折り合っての追走。直線では内ラチ沿いからソーグリッタリングが一度は抜け出したものの、ラスト300メートルあたりから馬群の間を ...