【調教師】昆 貢(コン ミツグ)

昆 貢 調教師
生年月日 1958年6月14日
出身地 北海道
免許取得年 1999年
所属場 栗東

【調教師】「昆 貢」関連の話題・ニュース

  • 【キーンランドC】昆調教師&四位コンビ ヒルノデイバローで“厩舎力”再び【平松さとしの重賞サロン】2008年の香港スプリントにローレルゲレイロを送り込んだ昆貢調教師。暮れの国際レースのため複数の日本馬が遠征したが、レース前日の調教で同馬は日本勢のトリを務めるように最後に馬場入りした。前々日は早めに馬場入りしていたことから、なぜ順番を変えたのかを聞くと、当時昆師は次のよう ...
  • 藤田伸二騎手復帰の真相そして、彼の優秀さを示す記録として、フェアプレー賞の多さがあった。年間30勝以上し、かつ制裁点が10点以下という騎手に与えられるフェアプレー賞を藤田はデビュー2年目に初めて獲得すると、94年まで4年連続で同賞を受賞。さらに97年からの9年連続など計16回受賞するのだが、とくに04年と10年には制裁点0点という ...
  • 絶好調・横山典弘騎手が「オレ流(マイスタイル)」で秋競馬に一撃!? 神戸新聞杯に恐怖の「意外性コンビ」それが横山典弘騎手とマイスタイル(牡3歳、栗東・昆貢厩舎)だ。 デビュー2戦目で勝利をあげたマイスタイルは、次走シンザン記念(G3)で5着。その後、こぶし賞の勝利を経て、弥生賞(G2)へ向かう。そして同レースから横山典騎手とタッグを結成、8人気ながらも2着に入る好走を見せた。続く皐月賞(G1)こそ16着と惨敗に終 ...
  • 【菊花賞】長期休養明けも重賞2勝の底力を秘めるブレスジャーニーま、今回はG1だからね。そこがどうかだな(笑)」と佐々木晶三調教師はニッコリ。勝てば皐月賞以来のぶっつけを克服した1987年のサクラスターオーを超える長期休養明けのVとなる。 ○前走、セントライト記念9着のクリンチャー(牡3、栗東・宮本厩舎)は、藤岡佑介騎手が手綱をとって坂路へ。先週、CWコースで一杯に追わ ...
  • 【清水S】ミスパンテールがゴール前の攻防制す 酒井騎手「さすが重賞でも勝負できる馬」14日の京都11R・清水S(3歳上1600万、芝1600メートル=11頭立て)は、酒井学騎手騎乗で4番人気のミスパンテール(牝3歳、栗東・昆貢厩舎)がゴール前の激しい競り合いを制し、昨年7月のデビュー戦となる2勝目を挙げてオープン入りを決めた。勝ちタイムは1分35秒0。 前半3ハロン37秒0のスローペースにも折り合い ...
  • シーザリオの娘シーリア、ステファノスの全妹フィニフティ…今週デビューする有力馬をピックアップ!半兄に菊花賞、ジャパンC馬のエピファネイア(父シンボリクリスエス)、全兄に朝日杯FSを制したリオンディーズがいる、角居ブランドの粋を集めた血統馬だ。栗東ウッドチップコースの3頭併せでは及第点の走りを披露し、師は「実戦向き」の評価。雄大な馬格の兄たちは、前に行く気持ちが旺盛だったが、こちらは牝馬で460キロ ...
  • 中日新聞杯2017最終追い切り分析…ミッキーロケットなど有力馬の調教評価は?目次. 最終追いきり診断. ミッキーロケット牡4歳(栗東・音無厩舎); マウントロブソン牡4歳(美浦・堀厩舎); メートルダール牡4歳(美浦・戸田厩舎); マキシマムドパリ牝5歳(栗東・松元厩舎); スズカデヴィアス牡6歳(栗東・橋田厩舎); ロードヴァンドール牡4歳(栗東・昆貢厩舎) ...
  • ターコイズS2017の最終追い切り分析…ラビットランらの調教評価は?京成杯2018の競馬予想分析…ジェネラーレウーノが重賞初制覇への3か条とは? 日経新春杯2018の競馬予想分析、結果発表!回収率150超のデータ該当馬とは? 日経新春杯2018の最終追い切り分析…ミッキーロケットらの調教評価は? Facebookもチェック! 目次. 最終追いきり診断. ラビットラン牝3歳(栗東 ...