【調教師】坂口 正則(サカグチ マサノリ)

坂口 正則 調教師
生年月日 1948年9月2日
出身地 宮崎県
免許取得年 1983年
所属場 栗東

【調教師】「坂口 正則」関連の話題・ニュース

  • G1の裏でひっそり勝利したある若いジョッキーのこれまでと、これからに懸ける物語高知県で父・洋右、母・美恵子の下、3つ上の姉と育てられた。 調教師ならぬ調理師の父に高知競馬へ連れて行ってもらったのを機に競馬に興味を抱き、中学の頃には騎手を目指した。 「野球をしていたけど身体が小さかったのでプロは諦めました。騎手を目指してからは乗馬を始め、給食を食べないで減量したりしまし ...
  • 【ファンタジーS展望】新潟2歳S2着馬コーディエライトが中心ここも互角以上の力量で通過するか。 逃げて差して、新馬、杯中京2歳S連勝のアマルフィコースト(牝2歳、栗東・牧田和弥厩舎)も十分に争覇圏。立ち回りの良さに、競り勝った前走で見せた勝負根性も魅力だ。 新馬戦4馬身差圧勝のベルーガ(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)、ひまわり賞勝ちのレグル ...
  • 【フェニックス賞】8番人気の伏兵ゴールドクイーンが逃げ切りV... 栗東・坂口正則厩舎)が鮮やかに逃げ切った。勝ち時計は1分9秒6。 初戦は2番手からの競馬だったが、この日は好スタートから楽に手綱を押した程度でハナへ。前半600メートルが34秒1と決して楽なペースでもなかったが、直線に入っても全く脚いろが鈍らず、レグルドールに1馬身半をつける完勝だった。 父のシ ...
  • 【阪神新馬戦】ゴールドクイーン、3馬身差快勝!17日の阪神5R・新馬(ダート1200メートル、13頭立て)は、松若風馬騎手が騎乗した6番人気のゴールドクイーン(牝2歳、栗東・坂口正則厩舎、父シニスターミニスター)が2番手から抜け出し、デビューVを飾った。勝ちタイムは1分13秒4。 ダッシュを利かせて2番手へ。逃げたメイショウキタグニを見ながら運び、直線を向いて ...
  • 武豊騎乗のエイシンヒカリが優勝 競馬の香港カップ競馬の香港国際競走は13日、シャティン競馬場で行われ、G1・3レースに日本馬10頭が出走し、武豊騎乗のエイシンヒカリ(4歳牡馬、坂口正則厩舎)とライアン・ムーア騎乗のモーリス(4歳牡馬、堀宣行厩舎)が優勝した。日本馬は海外G1で通算28勝となった。 エイシンヒカリは香港カップ(2000メートル芝)を逃げ切ってG1初 ...
  • 武豊と蛯名が紡ぐ好対照な「日本ダービー物語」競馬の祭典、第83回日本ダービー(東京優駿、G1・芝2400メートル)を5日前にした24日(日本時間同日夜)。歴代最多のダービー5勝の記録を持つ騎手、武豊(47)は、パリ近郊のシャンティイ競馬場にいた。同日のG1、イスパーン賞(芝1800メートル)のエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口正則厩舎)に騎乗するためだった。前 ...
  • 芦毛の新怪物エイシンヒカリの正体21世紀のサイレンススズカか、それともオグリキャップか――中央競馬のGIシリーズは佳境に入りつつあるが、今週末は最高峰レースよりも注目すべき一戦、そして馬がいる。土曜(13日)阪神、GIIIチャレンジカップ(芝外1800メートル)のエイシンヒカリ(牡3・坂口正則厩舎)。デビューから無傷の5連勝、そしてその内容が破天 ...