【調教師】角居 勝彦(スミイ カツヒコ)

角居 勝彦 調教師
生年月日 1964年3月28日
出身地 石川県
免許取得年 2000年
所属場 栗東

【調教師】「角居 勝彦」関連の話題・ニュース

  • 【オークス】角居師「時計云々の問題ではない…」関係者コメント【オークス】角居師「時計云々の問題ではない… ... 6着 サトノワルキューレ角居勝彦調教師「まだ一線級とはやっていませんでしたからね。 ... 20日、東京競馬場で行われた11R・オークス(G1・3歳オープン・牝・芝2400m)で1番人気、C.ルメール騎手騎乗、アーモンドアイ(牝3・美浦・国枝栄厩舎)が、2着に ...
  • 角居勝彦調教師 馬にとって「良い水」とはどんなものか調教師・角居勝彦氏の週刊ポストの人気連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、1日30リットル飲む、馬にとっての水についてお届けする。 * * * ... 私が中尾厩舎の修業時代、担当だったナリタハヤブサの中山の皐月賞に帯同したときのことです。当時の競馬界は ...
  • 競馬新聞・雑誌の騎手や厩舎コメントに込められた思いを解説競馬において騎手や厩舎サイドのコメントは馬券検討の重要なファクターのはずだが、それぞれの言葉には、さまざまな思いが込められている。調教師・角居勝彦氏の週刊ポストの人気連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、競馬新聞や雑誌に載るコメントに込められ ...
  • 角居勝彦調教師「3年後の厩舎解散」について自ら語るJRAの調教師は70歳が定年となっている。過去健康上の理由や経営不振などで早期に退職した例もある。しかしこれだけの好成績を残した調教師が、定年まで10余年を残して競馬界から去るというのは極めて異例のことだ。週刊ポストの人気連載「角居勝彦 感性の法則」で角居 ...
  • JRA角居勝彦師「情報漏れ」で引退が露見!? 本来ならば「事前準備」をして......報道では厩舎のスタッフに昨年10月、馬主へは年明け頃から説明を始めたとされています。ですが、角居調教師は3、4年前に父親を亡くしており、その頃から『いずれは家業を継ぐために解散』する意向があることを親しいスタッフには伝えていたようです。その時は具体的な日時 ...
  • 厩舎の組織力高める 中央競馬調教師・角居勝彦(中)日本を代表する調教師となった角居勝彦の厩舎運営のキーワードは「チームプレー」である。2001年の厩舎開業時から、組織力を高めるための仕組みづくりに力を注いできた。 角居が調教助手だった1980~90年代は、厩舎スタッフがそれぞれ担当馬を持ち、そのなかでも腕の ...