【調教師】高橋 文雅(タカハシ フミマサ)

高橋 文雅 調教師
生年月日 1972年4月28日
出身地 静岡県
免許取得年 2012年
所属場 美浦

【調教師】「高橋 文雅」関連の話題・ニュース

  • 総工費63億円の美浦トレセン新厩舎 馬にも人にもメリット絶大!4月に行われた美浦トレセンの新厩舎竣工(木村厩舎). 【美浦トレセン発秘話】老朽化に鑑み総工費63億円で美浦トレセン“北の杜”地区に建設された新厩舎の評判がいい。 途中震災の影響で工事中断があったが、この5月に完成し、第1期として大和田、粕谷、菊川、木村、小島茂、清水英、高橋祥、高橋文、藤沢 ...
  • 【カペラS】昨年覇者ノボバカラが連覇へ自信アリ「気分を損ねないことが1番」【高木登調教師のコメント】 「前走後はトモに疲れが出ましたが、それも回復してきましたしここまで順調にきています。今回は骨っぽいメンバーが揃いましたし、58キロを背負ってどうかですね。最近は前半に力む分終いが少し甘くなるところがありますけど、中山コースは相性が良いですし上手く立ち回れればと思います ...
  • フラワーC(G3)で「夢配当」の使者3頭!? 桜花賞に向け「一気の賞金加算」を狙うのは......まず、バケットリスト(美浦・高橋文雅厩舎)は怖い存在だ。 前走は10着と惨敗したが、これは後手後手に回ってしまい勝負どころを見失ってしまった結果だろう。昇級戦となった前々走では、逃げる競馬でクビ差2着に入線してみせるなど一定の実力は秘めている。 それでも陣営としては前々走、前走の競馬に納得がいっ ...
  • 【中山3歳未勝利】ディープインパクト産駒クリッパーが人気に応え初勝利6日の中山5R・3歳未勝利(芝2000メートル=16頭立て)は、1番人気のディープインパクト産駒クリッパー(牝3歳、美浦・高橋文雅厩舎)が、直線抜け出し、デビュー3戦目で初勝利を決めた。勝ち時計は2分1秒7。 過去2戦は後方からの競馬だったが、今回はスタートを決めて、道中3番手から。直線残り200メートルで先頭 ...
  • 弥生賞(G2)波乱の主役は「1勝馬」? 最強4頭相手に"一撃"を狙うアノ馬に要注意4日に中山競馬場で行われる皐月賞の王道トライアル・弥生賞(G2)。今年は、2歳王者ダノンプレミアム、東京スポーツ杯2歳S(G3)を鬼脚で制したワグネリアン、ポテンシャルの高さを評価されているオブセッション、そしてホープフルS(G1)2着馬ジャンダルムの4頭がしのぎを削ると予想されている。屈指のハイレベルな争いが ...