【調教師】藤原 辰雄(フジワラ タツオ)

藤原 辰雄 調教師
生年月日 1952年1月25日
出身地 北海道
免許取得年 1994年
所属場 美浦

【調教師】「藤原 辰雄」関連の話題・ニュース

  • オグリキャップ、メイショウサムソンなどを管理 瀬戸口勉元調教師が死去メイショウサムソンでの日本ダービー制覇時、石橋守騎手らと写真に収まった瀬戸口さん(左)。長年にわたり数々の名馬を管理した、まさに名伯楽だった。 元調教師の瀬戸口勉さんが11月9日に死去したことが分かった。急性白血病のため。81歳だった。通夜、葬儀は親族のみで営まれており、後日お別れ会が設けら ...
  • 武幸四郎師ら7名の調教師が来年3月に開業藤沢和厩舎で技術調教師として腕を磨いた武幸四郎師がいよいよ開業。どんな厩舎を作り上げていくのか注目です。 2018年3月1日付けで新規開業となる調教師がJRAから発表された。なお貸付馬房数については、決まり次第改めて発表される。来年開業するのは、以下の7名(敬称略)。 □美浦田中博康林徹 ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.111】ダミアン・レーン豪移籍したトーセンスターダムでの2勝など、ここへ来て急速にGI勝ち鞍の数を伸ばしている若武者D.レーン騎手。その名は覚えておきたい。 オーストラリアへ移籍したトーセンスターダムがトゥーラックH、エミレーツSとGIを2勝した。 いずれのレースでも騎乗していたダミアン・レーン騎手は、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで頭角を現 ...
  • 【秋華賞】アエロリットで参戦 横山典に聞く<1>横山典弘騎手(49)=美浦・フリー=が、今年のNHKマイルCの覇者アエロリット(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)で第22回秋華賞・G1(10月15日、京都・芝2000メートル)に参戦する。前走のクイーンSでは大逃げを打ち、古馬を撃破。2連勝で牝馬3冠最後の一戦に挑む。デビューから手綱を執る鞍上に馬に対する思いなどを聞 ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.112】ダニエレ・ポルク勝負服が印象的なイキートスは昨年、今年とジャパンCに参戦。今年はドイツで地歩を固めつつあるD.ポルク騎手が騎乗した。 2016、17年と2年連続でジャパンCに挑戦したドイツのイキートス。残念ながらそれぞれ7、15着と敗れたが、2年目の今年、騎乗したのがダニエレ・ポルクだ。 1983年3月3日、イタリア・ローマ出身の ...
  • 【世界の騎手列伝 vol.83】シルヴェスター・デソウサ欧州、ドバイ、そして香港と世界を股にかけて活躍するS.デソウサ騎手。今後も海外の大レースでその名を目にする機会は多そうだ。 ネオリアリズムが制した今年の香港、クイーンエリザベス女王カップ。2着には地元のパキスタンスターが追い込んだが、同馬に乗っていたのが今回紹介するシルヴェスター・デソウサ騎 ...
  • HOME >> コラム >> コラムニスト・平松さとし「世界の騎手列伝」 >> 【世界の騎手列伝 vol.107】ミッシェル・パイン(PART-2)オーストラリア、メルボルンの北西、昔は金鉱の街として名の知れたバララット近郊で生まれた。 調教師の父の下、10人きょうだいの末娘で育てられた。生後6カ月の時に彼女の母は事故で死去。「騎手になって欲しい」と願う父の下で育てられた。 2001年、15歳で騎手デビュー。初勝利はバララット競馬場で父の管理馬 ...
  • 【ジャンリュックラガルデール賞】オブライエン厩舎のハッピリーが制覇 牝馬の優勝は31年ぶり31年ぶりの快挙を成し遂げたハッピリーは英2000ギニー馬グレンイーグルスの全妹という良血。来期のクラシックで注目を集める存在となりそうだ。 現地時間10月1日、フランスのシャンティイ競馬場で行われた2歳王者決定戦ジャンリュックラガルデール賞(GI、芝1600m)は、1番人気に支持されたライアン・ムーア騎手騎乗のハッ ...